見る・楽しむ
神社仏閣

若澤(にゃくたく)寺

山号を「慈眼山」又は「水沢山」と言い新義真言宗京都智積院末の寺院で江戸時代には「信濃日光」とも呼ばれていました。全国から多くの参詣があるほど知られていましたが、明治初年の廃仏毀釈により廃寺となり、多くの建物は取り壊されたり移築されたりしました。今では寺跡とわずかな石仏が残るだけです。
若澤寺絵図

若澤寺の地図はこちら

DSCN0760

DSCN0756

DSCN0755