食べる
主要ローカルフード

信州リンゴ

昼夜の寒暖差と日照量が多い松本では、品質の良い、甘くおいしいりんごが収穫されます。特に梓川地区の安曇野りんごは、第23回農林水産祭天皇杯を受賞するなど、高品質なりんごとして知られています。
主力のサンふじの他、シナノスイート、秋映(あきばえ)など、長野県で独自に開発された新品種も生産されています。

特に梓川では、日当たりが良く、昼と夜の温度差が大きい気候と、肥沃な土壌の中、全国に先駆けて「わい化栽培」(接木による品種改良)によるリンゴづくりに取り組み、高品質なリンゴの産地として、第23回農林水産祭天皇杯を受賞。袋をかけずに太陽の光をいっぱいにあびて育ったリンゴは、シャキッとした歯ごたえと蜜がたっぷり入り「安曇野リンゴ」のブランドで知られています。

松本商工会議所・お土産情報(別ウィンドウ表示)