食べる
主要ローカルフード

ワイン

【写真】山辺ワイン
松本平の東、緩やかな南斜面を持つ山辺地域はフランスのボルドーと似た地形で、明治の初期からブドウの生産が行われ長野県のブドウの発祥地として知られています。ナイアガラ、デラウエアなど、山辺のブドウは絶品として知られ、長く生食のみ流通して来ましたが、新しい地域起こしということで、2002年にスタートしたのがワインづくり。山辺ワイナリーでは、山辺産の上質のぶどうだけを使った、ちょっと贅沢なワインづくりを手がけ、その味を求めるリピーターが年々増加しています。

松本市には、山辺の他にも四賀地区に四賀ワイナリーがあります。四賀地区及び県内で収穫されるメルロー、シャルドネなど良質なぶどうを使用し、品質のよいワインを醸造していて好評です。

山辺ワイナリー(別ウィンドウ表示)
大和葡萄酒・四賀ワイナリー(別ウィンドウ表示)

新まつもと物語がオススメするワインが買えるお店(別ウィンドウ表示)
三代澤酒店