見る・楽しむ
民芸品

松本手まり

【写真】松本手まり
 松本の民芸を代表する「松本手まり」は、江戸時代中期頃、松本藩の士族の子女を中心に身近な玩具として手づくりされたのが始まりです。、やがて一般家庭でも愛された松本手まり。木綿の白糸を巻いて彩り豊かな色糸で絡げた美しい手まりは、現在は伝統工芸品として美術館等で展示されているほか、土産店でも購入できます。

松本商工会議所・お土産情報(別ウィンドウ表示)