見る・楽しむ
民芸品

押絵雛(おしえびな)

【写真】人形作り 押絵雛
江戸・文化文政年間に松本城の士族が作ったのが始まりとされ、明治中頃まで市内のひな祭りを飾った押し絵技法の押絵雛。松本の一大産業として名を馳せていました。雛人形が主流となり一時は姿を消したものの、市内人形店が古文書等で研究・復刻し現在は伝統工芸品として人気があります。

松本商工会議所・お土産情報(別ウィンドウ表示)

特集記事:松本の雛祭り ~押絵雛なども併せてご参照下さい。