泊まる・温泉
宿泊エリアのご紹介

中心市街地・浅間温泉・美ヶ原

長野県の交通の要衝、松本駅前を中心としたエリアは、最新の設備と行き届いたサービスを提供するホテルが充実。観光の拠点としてはもちろん、旅行、ビジネスなど多様なニーズに応える快適なアクセスを実現します。

松本観光コンベンション協会がおすすめする「松本の宿サイトはこちら。

横田温泉(よこたおんせん)は、静かな時の流れの中、体を芯からほぐしてくれる温泉です。観光に、ビジネスに、そして学生の合宿など幅広い対応が可能です。

【じゃらん】で探す「松本中心市街地(駅周辺)」の宿(別ウィンドウ)

■スポンサーサイト


浅間温泉(あさまおんせん)は、西に北アルプスを望む高台に位置し、信州松本の奥座敷として歴代城主に愛されてきました。開湯千有余年の歴史を今に伝える浅間のお湯は、旅で疲れた心と体を芯からほぐしてくれます。

美ヶ原温泉(うつくしがはらおんせん)の歴史は古く奈良時代始めまでさかのぼります。時の天武天皇が”束間温湯”(つかまのゆ)に行幸せんと、三野王に信濃の国の地形図を献上させた旨が「日本書紀」に記されていますが、この”束間温湯”こそが、いまの美ヶ原温泉と言われています。

緑深い薄川の渓谷沿いに溢れる扉温泉(とびらおんせん)は、胃腸によく効く温泉として知られており、東の扉、西の白骨と呼ばれるほどの名湯です。自然の懐に包まれて過ごす時間は格別です。

松本市の南端、高ボッチ高原の中腹に位置する崖の湯温泉(がけのゆおんせん)は、古くから湯治の湯として人気を博しています。西に雄大な北アルプスと松本平を一望できる絶景が広がり、ゆったりといで湯を楽しむことができます。

松本市の東、標高2,000メートルに広がる美ヶ原高原(うつくしがはらこうげん)の宿は異空間の世界。夏は放牧の牛たちが戯れ、冬は白銀の世界が広がる美ヶ原は、南に富士山、北に浅間山を望む絶景が魅力です。

【じゃらん】で探す「浅間・美ヶ原エリア」の宿(別ウィンドウ)

会議所個別情報掲載ページヘ。(別ウィンドウ表示)