泊まる・温泉
宿泊エリアのご紹介

上高地・乗鞍・白骨

安曇エリアには、上高地温泉(かみこうちおんせん)坂巻温泉(さかまきおんせん)中の湯温泉(なかのゆおんせん)白骨温泉(しらほねおんせん)乗鞍高原(のりくらこうげん)のりくら温泉郷さわんど温泉と6つのいで湯があります。美しい景観を眺め、ゆったり手足を伸ばせば、そよそよと大自然のささやきが、やさしく耳をかすめます。
中部山岳国立公園の代表的な景勝地とされる上高地には、温泉、旅館、ホテル、ロッジなど多様な宿があります。それぞれの旅のこだわりやスタイルに合わせてお選びください。
標高3,000メートル級の槍・穂高(やり・ほたか)連峰一帯は、日本を代表する登山エリアです。ここには数多くの山小屋があります。
松本観光コンベンション協会がおすすめする「松本の宿サイトはこちら。


詳細情報のサイトヘリンクします。(別ウィンドウ表示)

イラストマップから各施設が検索できるサイトヘリンクします。