見る・楽しむ
街並み

市街地 湧き水巡り

【写真】湧き水巡り松本市街地は、女鳥羽川や薄川の伏流水と見られる地下水が豊富で数多くの井戸や湧水があります。市街地の中に数多くの湧水があることは珍しく「まつもと城下町湧水群」として『平成の名水百選』に選定されました。市内を流れる水路は、江戸時代には庶民の生活用水や防火用水、町の境目として重要な役割を持ち、現代へと続いており私たちの生活に潤いを与えています。

【写真】源智の井戸源智(げんち)の井戸
 天保14年(1843)に著された「善光寺道名所図会」には、「当国第一の名水」と称賛されています。
 当時の松本城城主であった小笠原家の家臣・河辺与三佐衛門源智(かわべよざえもんげんち)の持ち井戸で、その名をとって『源智の井戸』と称するようになりました。
 歴代の領主は制札を出してこの清水を保護しました。享保年間(1716~36)に源地を水源に中町、本町に引水するようになっても、この井戸だけは引水を許さなかったそうです。

源智の井戸の地図はこちら
【写真】伊織霊水(いおりれいすい)伊織霊水(いおりれいすい)
 貞享3年(1686)重税に反対した農民一揆「加助騒動」に関わった農民たちの助命・救済に奔走した武士・鈴木伊織が眠る墓の入り口に湧いています。

【写真】鯛萬(たいまん)の井戸鯛萬(たいまん)の井戸
 お城の東、裏町にある湧水。当地区は商人町であると同時に職人町として物販、飲食、娯楽の中心として発展してきました。鯛萬の井戸はかって割烹料亭「鯛萬」があったことから呼ばれるようになり、平成15年に小公園として整備しました。

こちらもご覧ください。
【写真】槻井泉(つきいずみ)神社湧泉槻井泉(つきいずみ)神社湧泉
 古来からこんこんと湧き出ており「清水」の地名もこれに由来します。 江戸時代・水野氏時代からは、この水によって染色や製紙の産業も行なわれ御用紙が漉かれ、この地のシンボルになっていた泉です。背後には樹齢300年といわれるケヤキの大木をご神木に抱く「槻井泉神社」があります。このケヤキの木は市天然記念物に指定。

【写真】北門大井戸北門大井戸
新町のバス停を下った公園の中、旧大柳町の北端の惣堀を埋め立てた中に位置しています。このあたりは城内でも泉が多く、柳の木があったので柳町の地名になったといわれており、多くの井戸は城下の人々の生活を潤していました。

こちらもご覧ください。

【写真】女鳥羽(めとば)の泉
女鳥羽(めとば)の泉 
【写真】徳武(とくたけ)の井戸
徳武(とくたけ)の井戸 
【写真】地蔵清水(じぞうしみず)
地蔵清水(じぞうしみず) 
【写真】辰巳(たつみ)の湧水
辰巳(たつみ)の湧水 
【写真】北馬場(きたばば)柳の井戸
北馬場(きたばば)柳の井戸 
【写真】源智(げんち)の湧水
源智(げんち)の湧水 
【写真】妙勝寺(みょうしょうじ)の井戸
妙勝寺(みょうしょうじ)の井戸 
【写真】石井味噌倉井戸
石井味噌倉井戸