見る・楽しむ
神社仏閣

西牧山真光寺 阿弥陀如来坐像と両脇侍

【写真】真光寺 阿弥陀如来座像と両脇侍
(国重要文化財)
真光寺は梓川地区では最も古く、滋野氏が平安中期に上野地籍へ入植する以前の建立であるといわれています。鎌倉初期の建仁3(1203)年に造立された、本尊の阿弥陀如来坐像は、檜(ひのき)の寄木(よせぎ)つくりで豊作・厄除け・子孫長久を祈念したものです。両脇侍(りょうきょうじ・りょうわきじ・りょうわきざむらい)の観世音菩薩勢至菩薩とともに仏像三体が重文指定を受けています。

真光寺の桜

西牧山真光寺の地図はこちら

梓川の歴史を尋ねる」をご覧下さい。