見る・楽しむ
博物館・資料館・史跡

窪田空穂(くぼたうつぼ)記念館

【写真】窪田空穂記念館

-心に生き続けた故郷・和田-

 歌人・国文学者として活躍した窪田空穂の業績を記念して、生地に建てられた文学館です。空穂は、明治10年和田村に生まれ、昭和42年東京で91歳の生涯を終えましたが、作品の中には故郷の風土や人々への思いが生き続けています。

 常設展では、空穂の生涯がテーマ別に展示され、直筆の短歌、歌集などの出版物のほか、愛用の懐中時計、トランプなどの遺品も展示しています。

【開館時間】
 午前9時から午後5時まで
 (ただし入館は午後4時30分まで)

【休館日】
 3月~11月 月曜日(休日の場合は翌日)
 12月~2月 平日、年末年始
【観覧料】
 ・大人300円(20人以上の団体200円)
 ・中学生以下無料

【窪田空穂記念館へのアクセス】
◇自動車
  長野道松本ICから約10分 JR松本駅から約20分
◇バス
  松本駅前バスターミナルから山形線「和田町郵便局」下車、徒歩3分
窪田空穂記念館の地図はこちら


【お問合せ先】
 窪田空穂記念館
 〒390-1242 松本市和田1715番地1
 電話:0263-48-3440
 窪田空穂記念館(松本市HP)(別ウインドウ表示)
 松本まるごと博物館:ポータルサイト(別ウィンドウ表示)