トコ トコ トザン(信州松本登山ガイド)

残雪期、奥穂高岳・南稜クライミング、扇沢~岳沢スキー滑降。

上高地の河童橋から見える穂高連峰。その真ん中を奥穂高岳へと登る「南稜」という
ルートがあります。このルートは現在、アルパイン・クライミングのヴァリエーション
ルートとなっているのですが、その昔、上高地~穂高連峰を初めて海外に紹介した日本の
近代登山の父「ウォルター・ウェストン」さんが、最初に奥穂高岳に登ったときのルート
なのです!!
 そんな伝統と歴史のあるクラッシックなルートを、4月のまだ雪山の時期に
ミックスクライミングで登り、奥穂高岳に登頂して、真っ直ぐ「扇沢」から~岳沢へと
スキーでの滑降に挑戦してきました!
     
今回の記事では、こんなルートの岩場登山、こんな景色もあるのだと感じて頂ければ
嬉しいと思います・・・。
       

DSCF0172[1]僕が、バックカントリースキーを初めて経験した時から。いや、この山を見た時から、
この奥穂高岳から真ん中に広がる扇子のような扇沢を滑る自分を、ず~っと憧れて夢見て
きたのでした・・・。そして、ここ数年秘かに狙っていた「奥穂高岳ワンデイBCスキー」・・・。

しかし、奥穂高岳のこの「扇沢」を滑るのには、かなりの条件が揃わないと滑れないのです。
完璧な晴れという気象条件はもちろん、斜面の雪質、雪崩の危険性、パートナーの条件など、
その全てが揃わないと挑戦することすら出来ないのでした・・・。去年から何回かチャンスを
伺がっていたのですが、天気が悪かったり雪の状況が悪かったりして、ここまで行く事が
できていなかったのでした・・・・。

しかし、今年は山に雪が少なかったのですが、雪質自体のコンディションは比較的良い
感じだったので、今年の4月にパートナーの人達みんなの休みが揃った晴れの日があり、
奥穂高岳へとクライミング&スキーに行ってみたのでした! 
   
    
   

アクセス

松本市から~上高地へのアクセスは、「槍ヶ岳・槍沢コース」の記事を参照して下さい。
→「アクセス
   
    
     

上高地~岳沢(2時間)

IMGP1656上高地の河童橋を渡って、右岸にある「岳沢登山口」から登り始めます。今年は本当に
雪の少ないシーズンで、例年の4月ならまだこの辺りは雪に埋まっているぐらいですが、
今年は岳沢登山口~岳沢の間には、全く雪がありませんでした・・・。なので、スキー道具
一式を全てバックパックに取り付けて担がなければならず、スタートからもうすでに
肩が痛くなっていました。
辿り着いた「岳沢小屋」も、雪に埋まっていなくて、半分ぐらい出ていました・・・。
     
   
      

岳沢~奥穂高岳山頂(7時間)

DSCF0200[2]岳沢小屋を越えて、南稜の取り付きに向かいます。ここでアイゼン&ダブルアックスに
装備を持ち替えて、ハーネスにロープを繋いで確保し、そしてスキー道具一式を担いでの
クライミングになっていきます。ここからは、雪壁と岩のクライミングの世界なのです!
    
      
IMGP1672「南稜」ルートの取り付きから上を見上げると、「トリコニー」と呼ばれる、3つの三角形
の岩峰が並ぶ景色が見ることが出来ます。 この「トリコニー」は、通常の登山道からは
見ることができ無い景色なのです。
    
      
DSCF0212[1]取り付きから出だしは、2ヵ所の凍った滝の部分を越えていく事になります。バック
には、岳沢から上高地、そしてその奥には「乗鞍岳」優美な姿が美しく見えていました。
    
      
IMGP1684その後は、南稜の「トリコニー」の3つの岩峰の一番右側を目指して進んでいくのです。
アイゼンを蹴り込んでアイスアックスを2本差し込む!といった作業を延々と繰り返して、
凍った雪の超急斜面を延々と登攀していきました。
   
    
IMGP1689登攀していくと、さらに雪の斜面はどんどん急になっていくのでした! この画像のような、
約65°から~70°ぐらいのセクションもありました・・・。 しかし、ここまで来てビビッても、
どうしょうもないのです。ここまで来たら行くしかないのです。 バックは前穂高岳です!
この前穂高岳のアミダくじのような雪の超急斜面が、厳しくも美しかったです!!
    
    
IMGP1692その後、岩場でのクライミングセクションになっていきました。この岩場セクションが、
この「南稜」ルートの核心部分になるようです。 夏場のクライミングなら簡単に感じる
かも知れませんが、この時の僕たちはスキーブーツにアイゼンの装備だったので、岩場の
セクションを登るのが、かなり難しく感じました・・・。
       
     
DSCF0323[1]岩場セクションからリッジを抜けるところです。真ん中下側に居る僕たちが分かります
でしょうか? ここも複雑に積もった雪庇のような箇所を登って行くので、難しかった
です。 バックには、「明神岳1峰~2峰」が美しく聳えて見えていました。
     
     
DSCF0331[2]時には、こんな両側が切れ落ちたリッジでのクライムダウンもあります・・・。
落ちたら終わり!という自分の中の恐怖感との戦いもあります・・・。
     
     
IMGP1706岩場のテクニカルなミックスクライミングのセクションを抜けて、また広い雪の斜面に
出ます。この後も、雪の急斜面を、ダブルアックスを差込みながら一歩一歩と確実に、
ただ上へと目指していきました。 標高3000mを越えると風が強くなってきて、気温も
またグッと下がってきました。マイナス気温で、雪面に刺すアックスを持つグローブが
凍り付いてきます・・・。
   
     
DSCF0359[2]最後は斜面の傾斜も緩んで来たのですが、稜線が見えているのになかなか近づいて来ない
という、気分的に一番苦しい感じの歩きが続いていきました。 でも、ここまで来ると、
もうあと一息だと実感出来るので、落ち着いて一歩一歩確実に登っていったのでした・・・。
   
    
IMGP1712そして、ついに!、稜線上の吊尾根に上がり、「南稜の頭」に出たのでした!!
バックには「前穂高岳」や、「明神岳」が輝いて圧倒的な大迫力で見えていました。
ここからは、奥穂高岳の山頂の祠を見えるので、あと少しです。
   
    
IMGP1709これが「南稜の頭」の看板です。かつて、ウェストンさんが登りきった場所です。
壮大なクライミングルートです。 その昔、まだクライミングギアも発達して
いない時代に、このルートで奥穂高岳に登ったという事に、ただただ関心して
しまいました・・・。
   
   
IMGP1713そして!、ついに、奥穂高岳の山頂に到着しました!!

釜トンネルをスタートして、全てヒューマンパワーで、スキーとクライミングで登り、
奥穂高岳「南稜」ルートを、10時間と少しで、登頂に成功できました!  
   
   
    

奥穂高岳山頂からの景色です。

IMGP1716「乗鞍岳」(3026m)
「乗鞍岳」は、相変わらスムーズで優美な曲線をまとった、まさに山スキーのための
山だと、改めて思いました。 岳沢から~奥穂高岳に上がる「南稜」ルートからは、
どこからでも「乗鞍岳」が正面にド~ンと大きく、そして美しく見えるのです。そして
一番下に見えるのが、上高地の大正池です。僕達は、その向こうの釜トンネルから、
全てヒューマンパワーでここまで来たのです。
   
   
IMGP1710「前穂高岳」(3090m)
雪をまとった4月の「前穂高岳」も、奥穂高岳山頂から見ると比較的距離が近いので
凄まじいほどの大迫力で、壁のように切れ落ちている感じなのでした!
   
    
IMGP1718「槍ヶ岳」(3180m)
遠くには、しっかりと「槍ヶ岳」も見えました。 でも、やはり「槍ヶ岳」は冬でも
雪で白くはならなくて、穂先は黒いままなのでした・・・。
   
    
      
   

奥穂高岳山頂から、扇沢~岳沢、スキー滑降(1時間)

IMGP1722ここからが僕たちの目的である「扇沢」のスキー滑降が始まります。目を閉じて集中し、
息を吸い込んで、胸に手を当てて、生きて帰る!と言い聞かせて、スタートしました。
   
奥穂高岳山頂から~扇沢は、最初は広大なオープンバーンです。しかし、斜面の斜度は、
滑り始めてからスグに超急斜面となっていくのです!
   
    
DSCF0415[2]扇沢のスキー滑降の核心は、この60°近い(?)超急斜面の岩の間を滑る斜面なのです!
ここは普通にターン出来ない程の超急斜面なのと、コケたら確実に死んでしまうので
安全にジャンプターンを繰り返して高度を下げて行きました。

この斜面に挑戦出来る幸せと、ここまで来れた幸せと、そして一緒に来ることが出来る
仲間がいることへの感謝が!、この扇沢の超急斜面でのターンを洗練させてくれました。
    
     
IMGP1753後半は、狭い岩場の回廊のような「ゴルジュ」セクションになっていくのでした・・・。
一気に狭くなってしまうのですが、斜度は変わらずかなり急斜面なのと、雪崩の跡の
デブリでボコボコになっているのです。 でも一番懸念されるのは、最後まで斜面に
雪が繋がっているのかどうか?でした。 雪が無くなってしまうと、ロープを使って
スキーを外して懸垂下降しなければなりません。

でも、下部の一番狭くなっている「ノド」の部分では、雪がギリギリ2mほどで繋がって
いたのでした~!! ここをスキーを脱がずに抜けられた時点で、僕達の扇沢~岳沢
繋げてのスキー滑降が成功すると、確信が心の中に湧いてきたのでした!
   
   
IMGP1758狭い岩の間のセクションを抜けて、岳沢小屋に無事に帰ってこれた瞬間!、僕たちの
「奥穂高岳、南稜クライミング→扇沢~岳沢BCスキー滑降」が成功したのでした!! 
そして、その後は岳沢の緩斜面を、雪が無くなるところまで快適にユルく滑って帰って
いったのでした。
   
    
夢は、想い続けて、精一杯努力して、叶えるモノである。
夢は、その瞬間に儚くも僕たちをすり抜けて去って行く。
そして夢は、また新たに僕たちの中に、さらに大きくなって
現れて、僕たちを何処かへ連れて行くのだろう・・・。
僕たちは、その新たな夢に向かって進んで行くのであった。
    
      
      
      

【注意!】今回の「残雪期、奥穂高岳・南稜クライミング、扇沢~岳沢スキー滑降。」は、
冬山登攀のアルパインクライミング的なので、冬山登山に慣れているクライミングギアが
取り扱えるエキスパートの方のみが行くことが出来るルートです。ピッケルとアイゼンを
使いこなすスキルが必要ですし、冬山での行動や、マイナス10℃以下の中での体温管理も
たいへんで非常に厳しいです・・・。もし、この「奥穂高岳・南稜ルート」に行ってみたいと
思われる方は、必ず!冬山登山が出来る専門の山岳ガイドさんと一緒に行って下さい。
くれごれも、よろしくお願いします。   
                   
                 
                      
 【2016年4月12日 登山者・記事 ハタゴニアン】
    
    
   
    
     
      
 


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。