トコ トコ トザン(信州松本登山ガイド)

紅葉と登山基地の涸沢

kaskouyo.jpg涸沢からさわは、穂高連峰s13.gifの手前にあるカール(氷河期にできた渓谷)です。上高地などから槍・穂高に登ったり下山した時の中継地点として、日本有数の登山基地になっています。山小屋も涸沢ヒュッテと涸沢小屋の2軒がある他、シーズンにはカラフルなテントが立ち並びます。
また、全国に名だたる山岳紅葉の名所で、10月初旬〜中旬の紅葉シーズンは、登山道も山小屋も非常に混雑します(紅葉情報 – 北アルプス、槍・穂高のカテゴリをご参照ください)。
上高地からのコースは、明神・徳沢・横尾経由の通常のコースと、下りのルートとして紹介する上中級者向けのパノラマコースがありますが、いずれも、登りでは片道5時間半〜6時間半かかります。
標高:2309m

松本からのアクセス方法

槍ヶ岳 槍沢コースのページのアクセス方法の説明をご覧ください。

地図

上高地バスターミナル〜明神橋〜徳沢〜横尾〜本谷橋(4時間)

kasyokoo.jpg横尾までは、槍ヶ岳 槍沢コースの最初と同じです。横尾まで3時間弱かかります。
写真のように、横尾大橋を渡る所で、槍ヶ岳コースとは分かれます。横尾大橋は、美しい木の橋ですが、少々揺れます。渡って少し行くと、それまで平坦な道だったのが、急に登りになり、やっと登山気分が味わえます。

立ち枯れした木がところどころで目立つ林間コースを少し行くと、巨大な岩「屏風岩」が左手に見えて来ます。標高差が何と1,000mの絶壁で、ロッククライミングの名所で、ゴマ粒のように岩を登っている人が見られる時もあります。歩を進めると、本谷橋にたどり着きます。

本谷橋〜涸沢(2時間)

kasmotot.jpg本谷橋は、横尾橋よりさらに揺れてスリルがあります。ここも紅葉の名所です。橋を渡った所の広い川原の岩の上で、たくさんの方々が休憩していました。

kaskouy3.jpg本谷橋からは、距離はそれほど長くありませんが、勾配が急になります。途中のガレ場(枯れた沢の岩場)で休憩しながらがんばって登ります。右側の山の斜面は美しい林で、秋は、ナナカマドの紅葉やダケカンバの黄葉が見事です。手前に、ナナカマドの真っ赤な実が美しく成っていました。

kassnow.jpg上高地から歩くこと6時間。穂高連峰と涸沢カールが眼前に見えて来ました!右側が涸沢小屋、左が涸沢ヒュッテで、その間にテント場があります。この日は、紅葉シーズンの3連休の初日で、2つの小屋で計300人がすし詰め状態で泊まったそうです。
カールには例年8〜9月まで残雪が残りますが、今年は春先に雪が多かったため、10月まで残っていました。このまま万年雪となるのでしょう。

kaskouy6.jpg涸沢からは、正面少し左に奥穂高岳がそびえ立ち、その左に、前穂高岳、右に、涸沢岳、北穂高岳と、穂高連峰の主峰が一望できます。ここまで頑張って登った者だけが見られる大自然のパノラマです。
2つの山小屋は、周囲の景観に見事に溶け込んだ建築で、それも絵になります。涸沢岳には、槍ヶ岳のようにとんがった「涸沢槍」があり、一際目立ちます。視界が良ければ、奥穂高岳と涸沢岳の間に、小さな穂高岳山荘を見ることもできますよ。

【下り:パノラマコース】涸沢〜屏風のコル〜上高地バスターミナル(5時間)

涸沢ヒュッテの前には眺望の良いテーブル席があり、1杯800円のビールを飲みながら首を360度展開させて穂高の絶景を楽しめます。
下山は、元の道をたどることもできますが、

  • 登山中級者以上で、
  • 雪渓が消えている7月下旬以降で、
  • 悪天候でない

なら、パノラマコース(パノラマ新道)がお薦めです。涸沢ヒュッテから下ってすぐの所を右にたどれば行けます。
ここから1時間弱の行程は、断崖で道幅が狭く、転落の危険があります。ロープが張ってあるので利用し、細心の注意を払って歩きます。

kasyarig.jpg断崖が終わると、「屏風のコル」と呼ばれる場所になります。「コル」は山と山の間にあるくぼみのことで、ここからは、写真のように槍ヶ岳がきれいに見えます。しばらく行くと分岐しますが、まっすぐ行くと「屏風の頭」です。「頭」のてっぺんまでは50分ほどかかりますが、10分ほど行くだけでも穂高連峰のすばらしい眺望が見られます。
引き返して分岐を左にたどります。ここからはジグザグの急な下りです。夏はお花畑となる斜面を下り、枯れた川の岩場を何度か越えます。

kaschoug.jpg左側を望むと、美しい斜面の向こうに、蝶ヶ岳と蝶ヶ岳ヒュッテが見えました。最後に、水の流れている沢を渡り、奥又白池に行く分岐を過ぎて沢の中を下ります。林の中に、井上靖の小説『氷壁』のモデルのナイロンザイル事件の碑があり、さらに下ると、林道に出ます。右に行くと明神池でそのまま右岸を行くか、いったん左に行って新村橋を渡ってまた徳沢を通り、また長い歩道歩きを終えると上高地に到着です!

<温泉>
上高地清水屋ホテル(外来入浴の受付は13時半まで)と上高地温泉ホテル(15時半まで)でかけ流しの温泉に入れます!
詳しくは上高地 Official Website をご覧ください。

登山者の感想

上高地から往復11時間の行程。松本から涸沢に日帰りで行く人はまれで、「え〜?日帰りで?」と言われました。ピーク時のみ出る朝4時台の松本電鉄で松本駅を出て、夕刻最終6時上高地発のバスに間に合うようにガンガン登って下りました。次回はやはり泊まってゆっくり楽しみ、眼前に見えた穂高(涸沢から3時間ほどで登れる)を目指したいです。

この日は、最高の山日和で、神々しいばかりの穂高の山々と紅葉がまぶたに焼きついています。

jonen_akira.gif山に登ると、人は大自然の中の小さな存在だと感じる一方で、こんな場所まで足で歩いて来て、素晴らしい光景に出会える。健康であることに感謝すると共に、大きなスケールで物事を見られるようになり、日々の仕事にも頑張れます。皆さんもぜひ!

【2007年10月6日 登山者・記事 常念あきら】


紅葉と登山基地の涸沢” への1件のコメント

  1. ピンバック: 前穂高北尾根クライミング。 – トコ トコ トザン(信州松本登山ガイド) - 松本市公式観光情報ポータルサイト 「新まつもと物語」

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。