トコ トコ トザン(信州松本登山ガイド)

北アルプス 明神岳1峰、残雪期登頂!!

今回は、北アルプス穂高岳連峰の並びにある「明神岳1峰」(2931m)をご紹介したいと思います。
「明神岳」は、上高地から見える穂高岳連峰の稜線の並びの、一番右側にある1峰~5峰の峰々です。昔は前穂高岳への登山道から分岐して登れる道がありましたが、現在は夏の登山道が廃道に近い状態になっていて、なかなか登る人が居なくなっているマイナーな山なのです・・・。
 
今回は、一日での日帰り登山とスキー滑降を2つ合わせてしてしまおう!という事で、4月12日のまだ真冬のように雪がいっぱいの時期にエキストリームな登山で行ってきました!!残雪期と書きましたが、北アルプスの穂高連峰は4月ではまだまだ厳冬期の様相です。

 

釜トンネル~上高地(2時間)

今回は4月上旬という事で、まだバスが運行されていません。なので、早朝3時半に上高地の入口である「釜トンネル」のゲートまで友人に車で送って頂き4時スタート。そこから歩いて上高地を目指しました。(上高地の河童橋に着いたのは午前6時少し前でした)
 
 

上高地・河童橋~岳沢小屋付近(2時間)

上高地からは、夏道の岳沢の登山道の入口から、雪の上を歩いて登って行きます・・・。道が雪に埋もれていて見えないので、大体の所で登って行きました・・・。すると突然木々が無くなり、大きな雪原に出ます。ここが「岳沢」になるので、この後はこの広大な雪の「岳沢」を登って行きます。
 
この日のスタートは小雨がパラパラの怪しい天気だったのですが、岳沢小屋付近まで来た時に一気に雲が取れて青空が広がりました!! 素晴らしい山岳風景に思わす「うおぉぉ〜〜!!!」と唸ってしまうぐらいでした! 画像は岳沢小屋付近から見上げた「吊尾根」になります。
 
 

岳沢小屋付近〜奥明神沢のコル(3時間)

岳沢小屋付近地点からは、細いルンゼ状の「奥明神沢」に入って行きます。ここから斜度が一気に急になっていき、スキーにシールを付けた状態では登れなくなってきますので、この辺りでスキーを担いで足元をアイゼンに交換します!!
 
雪上にアイゼンを蹴り込みながら、雪で埋まった「奥明神沢」の端っこを一歩一歩確実に、そして慎重に登って行きます。この辺りで足を滑らせて滑落したら確実に命はありません!!・・・。
 
そして、「奥明神沢」の上部はドンドン狭くなっていき、最後は細い岩稜の間ぐらいになっていくのです!! 画像の上部の岩稜を登りきったところがコルになります。この辺りは「足を蹴り込み→ピッケルを差し込む」という作業を延々と繰り返して登って行くのです!・・・。
 
 

奥明神沢のコル〜明神岳1峰(10分)

広い岳沢から細い奥明神沢にスキーを担いで入ってから3時間、やっとコルに到着しました〜!!(この画像の僕の頭の左上にある雪が付いている部分)。そこにスキー道具一式をデポ(置き去りにする事)して、最後の岩稜を頂上目指してクライミングしていきます!この辺りでは岩に張り付いた雪が氷のようになっていて、アイゼンの爪がよく効いてくれて登りやすかったですが、切れ落ちている岩の上にいるので高所恐怖症になりそうでした!!
 
それでも何とか岩を登りきって、もうスグ山頂という所まで来ました!! どうですか!この素晴しい山岳風景は?! 僕の頭の上には「明神岳2~3峰」、その上には雪を纏った「霞沢岳」、その奥には「乗鞍岳」や「御嶽山」まで鮮明に見えます!! 凄まじい程の高度感と美し過ぎる程の雪山で、まるで日本の山ではなくヨーロッパアルプスかカナディアンロッキー山脈のようでした!!
 
やっと山頂が見えてきました~!! これが残雪期の「明神岳1峰」の山頂です!!
 
そして、ついに!、登頂成功となりました~!! 上高地に入る釜トンネルからの所要時間は、歩きと休憩を含めて約7時間半程でした。(時刻は午前11時半ぐらい)
僕の後ろには「奥穂高岳(左側)」~「吊尾根」〜「前穂高岳(右側)」が凄まじい迫力で見えていました!!
 
 

奥明神沢のコルからスキー滑降~上高地(1時間)

山頂で素晴しい山岳風景をしばらく堪能した後は、登って来た「奥明神沢」をスキーで滑降して帰ります。とにかく狭い超急斜面のルンゼ状の沢なので、コケたら滑落して命がありません!・・・。なので、とても慎重に1ターンずつ確実に刻んで滑りました。
 
「奥明神沢」から一番狭い沢を抜けてから少し広がった所で、やっと穂高岳連峰をバックに思い通りのターンが決まりました!! とにかくコケないように滑って帰りました・・・。
 
そして、「岳沢」まで滑って来てもうここまで来ればもう大丈夫となった時、ふと後ろを振り返ってみると・・・、そこには、雲ひとつ無い完璧の青空で、西穂、奥穂、前穂、全ての山々が空とのコントラストで白く光って輝いていました~!!この時もう僕の心は、「明神岳登頂→奥明神沢スキー滑降」を成功させた、とてつもない程の達成感に包まれていました!!
 
かくして、夢は現実のモノとなった!・・・・。
そして、最高の景色と、最高の滑降が、僕達の心に刻まれた!・・・。
そして、またこの遥か先に続く山々の峰を夢見るのだろう・・・。
(と思います・・・)
  
【2012年4月12日 登山者・記事 ハタゴニアン】


北アルプス 明神岳1峰、残雪期登頂!!” への5件のコメント

  1.   さんより

    素敵なブログです。親子登山を目指して、1000m級からチャレンジしたいです。
    飯田市も山が綺麗に見えましたが、松本市(引越し)のほうがとても近くに感じられました。これらも楽しみにしています。

  2.   ハタゴニアンさんより

    鼎さん、コメントありがとうございます。
    僕達「新まつもと物語」のスタッフも、
    あんな所こんな所、松本市の素敵なところを
    みなさまにお伝えして行こうと思っています。
    トコトコトザンは山好きなスタッフで書いてます。
    この「明神岳1峰登山」はかなり究極ですが、
    鼎さんもぜひ簡単な山から登山という遊びに
    挑戦して見て下さい。そして山に遊びに来て下さい。
    今後も宜しくお願いします~。

  3.   SAHOさんより

    素敵な記事に溜息がでるほどで、思わず書かずにいられませんでした。
    私は、山の経験はゼロですが、小学生の時に植村直己さんに憧れ、本を片っ端から読みました。
    結局、山に登ることなく20年以上が過ぎましたが、
    先日何の縁か『いまだ下山せず』を読むこととなり、北アルプスが気になって仕方がありません。
    遅いスタートですが、自分の無理ないレベルから、山を始めてみようかなと考えています。
    今後も記事を楽しみにしています!

  4.   ハタゴニアンさんより

    SAHOさん、ありがとうございます。
    山は、遅いとか年齢とか関係なく、
    誰でも登れると思います。僕自身も
    30代から本格的に始めたのでした。
    危険な場所や、気象条件によっては
    タイヘンな事もあるのですが、晴れた
    景色は最高に美しいです。
    最初は標高のあまり高くない、短い
    コースの山から初めて徐々に自分の
    体力と技術に合わせて登ってみて下さい。
    きっと楽しいと思います。
    これからもよろしくお願いします~~。

  5. ピンバック: 明神岳東稜登攀→1峰登頂→スキー滑降!! – トコ トコ トザン(信州松本登山ガイド) - 松本市公式観光情報ポータルサイト 「新まつもと物語」

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。