『岳-ガク-』 3190mに本当にある

2011年9月26日 投稿者: アルプスちえみ

映画『岳 -ガク-』を見て素晴らしい山並の映像に心が躍りました。

北アルプスには何回も登っているのですが、まだ標高3190mのあの場所には行ったことがなく、本当にあんな所なのか行ってみました。

本当にありました!ケルン!

祠の乗ったケルンと展望案内盤が乗ったケルンの二つがありました。二つもあったかな?もう一度映画を見直したくなりました。
島崎三歩役の小栗旬さんは本当に奥穂高岳に登ったんですね。しかも雪のある時に。すごいと思いました。

残念ながらガスが巻いてしまい回りの景色は見えませんでした。

帰って来てからロケ地マップ確認すると、ザイテングラードの上部で三歩がコーヒーを飲むシーンを撮影したようです。気がつかずに帰ってきてしまい残念です。

雪がないときでも奥穂高岳に登るには本格的な登山装備が必要です。
  【市民記者:アルプスちえみ】

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。