『岳』 山頂で珈琲とバナーナを食べる編

2010年9月29日 投稿者: いしかわ

0、お山の紹介/松本からのアクセス

※詳しくはトコトコトザンのサイト内の、こちらそちらを確認してみてください。
過去の山行記録です。

0、今回の登山コース

○1日目(2010年8月7日(土))
松本→中房温泉→合戦小屋→燕山荘→燕岳ピストン→燕山荘(テント泊)
○2日目(2010年8月8日(日))
燕山荘→合戦小屋→中房温泉→風呂→松本

…です。地図は↓です。

//

1、中房温泉→合戦小屋→燕山荘

※詳しくはトコトコトザンのサイト内の、こちらそちらがありますので、写真のみで紹介します。







2、燕山荘→燕岳(珈琲とバナナを食べる!)→燕山荘(泊)

※山行記録はトコトコトザンのサイト内の、こちらそちらがありますが、そもそもの目的の「山頂で珈琲とバナナを食べる」と言う一番の盛り上がりどころですので、文章も入れさせていただきます。

まず燕山荘から歩いてみて驚いたのがコマクサだらけということです。こんなにも群生しているのを初めて観ました。さすが高山植物の女王言われるだけあります!

少しシーズンを過ぎていましたがなかなかのものです。他にも高山植物がいろいろと咲き乱れていました。


そして、頂上に到着です!さっそく持ってきた珈琲用にお湯を沸かします。



バナナの甘味に珈琲の苦みが良く合って美味しかったです。景色が最高の調味料でした。
ちなみに、頂上にもロケで記念品としてもらった「岳」水筒持って行きました。家から氷を入れて麦茶を持って行ったので、こちらも冷たくておいしかったです。遠くには燕山荘も見えました。

小一時間過ごし、てくてくと帰路へ着きました。晩御飯はカレーうどんです。

3、燕山荘テント泊(夕暮→朝)

トコトコトザンのサイト内の、こちらそちらがありますが、きれいでしたので写真にて紹介させていただきます。





この日はガスが多く、時々見える景色たちでしたが、とてもよかったです。そして、9時早々に就寝しました。そして、朝です。

4、帰路(まとめ)

 帰路は朝五時半くらいに降り始め、8時半に中房温泉に付きました。温泉に浸かり、松本へ帰ろうとすると、フランスの学生さんにヒッチハイクされガリガリくんを食べながら松本城まで乗せていってあげました。

・バナナがザックの中で熟れすぎてしまったので、今度は青いバナナを詰めて行く。
・英語はこれからの時代勉強しなくちゃいけない。

イシカワ

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。