トコ トコ トザン(信州松本登山ガイド)

甲斐駒ケ岳

お山の紹介

甲斐駒ケ岳は伊那谷の東にある標高2967mの山です。登山道は北沢峠まで長野県側と山梨県側からバスが出てますので、下から全部歩くんだ!と、いう人以外はバスに乗って行くのが一般的です。

松本からのアクセス方法

国道19号線で南下し、伊那路へ向かいます。高速ならば中央自動車道の伊那ICで降りましょう。そこから高遠方面へ向かいクロワッサンが美味しい道の駅「南アルプスむら長谷」を過ぎれば戸台口です。

今回の登山コース

北沢峠→仙水小屋→仙水峠→駒津峰→(直登コース)→甲斐駒ケ岳
→(迂回路コース)→駒津峰→双児山→北沢峠
ってコースです。




戸台口→北沢峠(1時間弱)

バスは定刻よりも早く5時半に出発。

車内では山の説明をしてくれます。

北沢峠→仙水峠(1時間くらい)

割となだらかな登り道で楽しく登れます。二つの小屋を過ぎれば岩場に出て、暫く進むと仙水峠。急に展望が開け、摩利支天と甲斐駒さんも見えます。

仙水峠→駒津峰→甲斐駒ケ岳(3時間くらい)

○仙水峠→駒津峰
峠を過ぎると急登になります。一気に駒津峰まで上がっちゃいましょう。1時間くらいです。

それで、駒津峰に着きます。
○駒津峰
お腹が減ったので、20分くらいの大休憩をとり、おにぎりを食べました。ここまで来ると展望も良く、富士山の次に高い北岳(3192m)、日本で何番目だかに高い間ノ岳(3189m)も見えました。

○駒津峰→甲斐駒ケ岳
駒津峰を過ぎるといったん少し下りまして、再びぐぐっと登ります。そうすればもう頂上です。行きは直登コースにしました。…というか間違えてしまいました。自身の無い方は迂回コースをおすすめします。でも直登だと1時間くらいで着きますよ。

甲斐駒ケ岳でうかれる

そして、ついに着きました。甲斐駒ケ岳。帰りのバスの時間まで大分あるので昼寝とかして過ごしました。写真ばかりですみません。

甲斐駒ケ岳→駒津峰→双児山

もうあとは下山です。双児山がいったん下ってまた昇りと厄介でした。

双児山→北沢峠

ひたすら九十九折りの道を下山していきます。あの角を曲がれば北沢峠かな?という期待が何度も打ち砕かれます。気を抜かずにおりましょう。

北沢峠からバスに乗った瞬間に激しい夕立に会いました。夏は夕立も多く、山間ですと雷雨とかにもなるので、午後の雲が降りて来る前に下山してしまうのがベストです。

帰路(まとめ)

今回の登山は「明日は猛暑になる」と、天気予報で言われて突如決めたものでした。しかし天候にも恵まれ高地のため風も快適!とてもいい山行でした。
夕方伊那へ下ると夕立のおかげですっかり涼しくなり、大柴の湯で汗を流して伊那路を松本へ帰りました。

いしかわ


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。