トコ トコ トザン(信州松本登山ガイド)

やまたみ登山学校 第1回机上講習

『持ち物と服装について』と『里山の楽しみ方』

4月13日『やまたみ登山学校』が開校しました。

山歩きを始めたい初心者を対象に毎月各1回机上講習登山講習を行う一年間の登山学校です。参加者は20代から60代の20人です。

初回の4月13日は「持ち物と服装について」と「里山の楽しみ方」についての机上講習でした。

持ち物と服装について」は4月1日に穂高に登山用品店をオープンしたばかりの太田毅彦さんに講習していただきました。
太田毅彦さん
講習の中でこれは重要!と思ったことをいくつかお教えします。

(1)登山靴

 足首までの高さの靴がお薦め。登山時に使用する厚手の靴下を履いて試着するのがポイント。横幅がきつい場合は、大きいサイズのものを選ぶのではなく幅広の靴を選んで下さいね。ぴったりするものが見つかるまで妥協しない!何年も前に買ってしまいっぱなしの登山靴は靴底が劣化してしまっていることがありますよ。登山中に靴底がはがれてしまうことがあるので注意してくださいね。
靴の選び方

(2)雨具

 セパレートタイプ(上着とズボン)のもので、透湿性・防水性に優れたゴアテックスがお薦め。靴を履いたままで着られるものがいいです。雨具は命にも関わる重要なもの、適切なものを選びましょうね。

(3)ザック

 シンプルで軽いものがお薦め。一泊するなら30〜35リットルのものがいいでしょう。目いっぱい入れる必要はないので、大き目のものを選んでも良し。体形に合っているかお店の人に診てもらってくださいね。ザックカバーはリットルだけで判断せずリュックに合うことを確かめてから買うといいですよ。

上記の(1)〜(3)はお店の人と相談して下さいね。

里山の楽しみ方」についてはやまたみ登山学校主任講師の高橋正幸さんに講習していただきました。
里山の楽しみ方
「これはなんでしょう?」とクイズ形式で次々に山の植物や昆虫などの写真を見せてくれました。「これはカラマツの花ですよ。」えっ?カラマツって花が咲くの?皆さん知ってましたか?頂上ばかりを目指すのではなく、山に生きるものを観察することも山の楽しさなんですね。

参加者の皆さんは熱心に質問していましたよ。この登山学校ではいろんなことを知ったり気付かされそうです。これからの講習も楽しみ!今後も机上講習・登山講習の様子を報告しますね。お楽しみに。

主催:NPO法人 信州まつもと山岳ガイド協会 やまたみ
   http://yamatami.com
太田毅彦さんの登山用品店 「マウンテンショップ バックカントリー ほたか」
   http://www.backcountry.co.jp/info/info_index.html


やまたみ登山学校 第1回机上講習” への1件のコメント

  1.   ねこさんより

    本日、日本百名山美ヶ原を見て、高橋さんが消防署勤務時代お世話になったものです。当時のイメージからは山岳ガイドはビックリですが、こうして多くの山の愛好家の皆さんと一緒に、安全で楽しい山を多くの人々に伝え、案内しながら、頑張っている映像に感激しました、いつまでも元気でご活躍して下さい。

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。