トコ トコ トザン(信州松本登山ガイド)

南岳

今回は、北アルプスの槍ヶ岳と穂高岳の間の稜線上の、ちょうど真ん中あたりにある隠れた名山「南岳」(3032m)をご紹介したいと思います。稜線上にある8つの3000mの山のひとつです。

上高地までのアクセスは、槍ヶ岳 槍沢コースのページのアクセス方法の説明をご覧ください。

画像は早朝の上高地で朝日が穂高連峰に当たっているところです。上高地からは、河童橋を越えて登山道を一路「横尾」まで、梓川沿いに 明神~徳澤~横尾 と、歩いて行きます・・・。

「横尾」までの梓川沿いの登山道は、比較的平坦で広くて歩きやすい道です。画像のように明神岳や前穂高岳を横から見ながら歩いて行きます・・・。

「横尾」は、涸沢方面と槍ヶ岳方面の分岐点なのです!。 ここからは、一路「槍ヶ岳方面」を目指して歩いて行きます。 画像は横尾の先にある「一の越」というところです。吊り橋が掛っているきれいな沢のあるところです。ここからさらに先へ進んで行きます・・・。

槍沢ロッジを越えると、やっと「槍沢」の下部にでます。 画像は「槍沢キャンプ場」です。ここからはこの画像の槍沢沿いに、奥まで歩いて行きます。ここから先は沢がひらけていて、稜線に見える山がとても綺麗に見えてきます・・・。

槍沢の「大曲」を越えた辺りです。ここまで来ると北アルプスの稜線が見えてきます!。 奥に見えるのは「ツバメ岩」です。 このまま槍沢沿いに歩いて登ると「槍ヶ岳」に行ってしまいますが、ツバメ岩の手前で一路氷河公園の「天狗原」へ分岐して歩いていく事になります。

「天狗原・分岐点」にある分岐の看板です。ここで槍ヶ岳コースから外れて、「天狗原」を目指して歩いて行きます。 上記のツバメ岩の横をすり抜けるようにして登って行くのです・・・・。 登りが落ち着いてくると・・・・、

氷河公園にある「天狗原」のハイライトである、「天狗池」に到着です! この天狗池は槍ヶ岳が逆さに映る池として有名なんです! 池がくぼみにあるので風が無く、とても綺麗に槍ヶ岳が映るのです! 思わずウットリしてしまいます・・・・。

名残惜しいですが・・・、「天狗池」を越えて本日の目標である「南岳」を目指して行きます。 ここから先は大きな岩がゴロゴロしている岩の平原を、ペンキの◎印をつたって登って行く事になります。 画像は横尾尾根の稜線に出たところです。ここまで来たらやっと目指す南岳の稜線が見えてきました! 最後の岩の急登を頑張って登ります・・・。

かなりの岩場の急登を登り切ったら、北アルプスの稜線に到着です! ここまで来たら目指す「南岳」がもう目の前になります!。あとほんの少しだけ、画像に見える登山道沿いに歩けば、南岳に到着します!・・・。

そして、やっと南岳(3032m)に到着しました~!! 快晴の真っ青な空に、見える素晴しい山岳景色に、思わず感動します!左後ろは常念岳です。

北側を見ると、南岳山頂から見える槍ヶ岳と山頂の看板です。 北アルプスの稜線上の素晴しい景色です!

南側を見ると向こうに奥穂高岳~北穂高岳、その前に大キレット、そして手前に南岳小屋が見えます! こちらも岩稜の北穂高岳が素晴しい景色です!。

山頂に到着した後、南岳小屋にて休憩してお昼ゴハンを食べました・・・・。とても綺麗な山小屋で、離れたくなくなるように快適でした~。 

そしてまた、来た登山道を帰って行きます・・・・。

今回の「南岳」、僕は時間が無かったのでトレイルランニング・スタイルで、早足に日帰りしました。行き~帰り全行程で7時間程でした。 しかし、一般の登山のお客様は南岳小屋で一泊される行程をお薦めします。

「南岳」は百名山とかではないので、ここまで来る人があまりいませんので、静かな登山が楽しめます。 そしてこのコースの魅力は何と言っても槍ヶ岳が逆さに映る「天狗池」でしょう!! 天狗池は1年で9月の約一ヶ月半程しか姿を現しません!冬~春は雪に覆われていて、10月になるともう次の雪が降って来て凍りつきます・・・。旬がとても短い池なので、この時期の晴れた日にしか、逆さ槍ヶ岳はみえないのです! この見る事が出来る時期があまりに短い「天狗池」~と「南岳」コース、岳人なら一度は行ってみたい場所なのです。

【2009年9月12日      登山者・記事 ハタゴニアン】


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。