トコ トコ トザン(信州松本登山ガイド)

乗鞍岳・厳冬期

冬期の乗鞍岳は、雪山登山としては比較的簡単に登れる3000m級の山として、そして「バックカントリースキー」のメッカの山としても有名です。 今回はこの冬期の乗鞍岳の登山を、ご紹介したいと思います。

マイカーの場合:

松本市から国道158号を上高地・高山方面へ向かって1時間程。「前川渡」というトンネルに挟まれた信号を左折して「乗鞍高原温泉スキー場」へ向かいます。

公共交通機関を利用した場合:

松本駅から、松本電鉄・上高地線に乗り30分。→ 新島々駅(しんしましまえき)に到着。 バスに乗り換えて「乗鞍高原スキー場」まで、55分。→ 乗鞍高原スキー場前に到着です。


乗鞍高原スキー場のゲレンデからリフトを3本乗り継いで、ゲレンデ最上部に到着です。ここから画像のような林間ツアーコースを登って行きます。冬期はほとんどの人が山を滑るのが目的のバックカントリースキーヤー&スノーボーダーの方たちですが、晴れた週末は登山の方も多いです。


林間ツアーコースのようすです。幅約20m程のツアーコースは、両隣に雪に覆われた針葉樹林があるので、風もあまりなく快適に登って行けます。


林間ツアーコースには①~⑥番まで番号がふられています。 ①番から頑張って登って行き、この⑥番を越えて急斜面を登って行くと、森林限界の雪原「位ヶ原」に出ます。


森林限界手前の急斜面を登って行きます。ここから先(上)は林間のツアーコースは終了で、広大な位ヶ原の雪原となります。 ここより先は木がほとんど無いので、雪原になり道もありませんし、いきなり風が強くなりますので注意が必要となります!。 


「位ヶ原」上の雪原のようすです。文字通り、雪の平原しかありません・・・・。 この辺りはいつも風が強く吹いているので、雪の斜面に風紋が付いています。 ここまで来ると標高2350mとなり、雲の上の人となれます・・・。


ここまで来て乗鞍岳方面を見ると、ドォォ~ンと雄大に乗鞍岳がすごく間近に聳えて見えます!。厳冬期は道が無く、雪の上を自由に歩けますので、ここからは真正面の尾根をダイレクトに登って行きます。


「位ヶ原」の雪原を、ゆっくりと一歩一歩確実に登って行きます。後ろには「穂高連峰~岳沢」や「槍ヶ岳」まで綺麗に見えます。


だんだんと急斜面になって行きますので、途中からこのように、シールの付いたスキーから、アイゼンとピッケルなどの装備に変えて、スキーを担いで登って行きます。厳冬期の乗鞍岳・剣ヶ峰山頂方面は、アイスバーンのコンディションの時がほとんどなので、アイゼンなどの装備は必須です! 滑落の危険が高いので注意しながら登って行きます。


スキーを担いでようやく山頂直下まで来ました。この辺りも、いつも風が強いので煽られてバランスを崩さないように注意して、最後の急斜面を登っていきます。


そして、乗鞍岳山頂に到着です。 山頂にはこのような「剣ヶ峰 3026米」の標識が立っています。そして後ろには御嶽山もクッキリと見えます。


晴れた日は、眼下の山岳景色は本当に最高のものとなります! 乗鞍岳からの北アルプスの景色は、アルプス全部を見渡せるぐらいに素晴しいです。

登りの時間は、スキー場最上部から、約5~6時間かかります。 帰りの時間は、スキーなら30分ぐらいです。登山の方は帰りも登りと同じぐらいかかりますので、位ヶ原山荘で1泊のツアーをお薦めします。 

*注意 : 厳冬期の3000m級の山ですので、かなり登山の危険度も高くなります。 冬山初心者の方は、十分な冬山の装備とガイドさんと一緒に行く事をお薦めします。

【2010年3月12日  登山者・記者 ハタゴニアン】


乗鞍岳・厳冬期” への1件のコメント

  1. ピンバック: なんちゃって☆百名山

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。