トコ トコ トザン(信州松本登山ガイド)

焼岳(上高地~焼岳~中の湯バス停ルート)

           〜信州松本の山案内〜

焼岳は、上高地の大正池の上に見える活火山です。上高地からも見える、水蒸気の噴出が頂上付近で見られる活火山ですが、大正池を作った大噴火の後、火山活動は落ちついています。最高峰の南峰への立ち入りは危険のため禁止されていますが、40mほど低い北峰に登れます。

上高地から日帰りで登れる北アルプスの山で、しかも日本百名山でもあるため、人気がありますが、険しい場所や危険な岩場もあり、充分な装備と気構えで登る必要があります。

車で来る場合は、上高地に入らず、中の湯温泉の旅館横の駐車場に停めて往復するコースもありますが、今回は、上高地から登り、下りは別ルートで釜トンネルの入り口の「中の湯」バス停のある場所に下りてバスで帰るコースをご紹介します。

松本からのアクセス方法

槍ヶ岳 槍沢コースのページのアクセス方法の説明をご覧ください。登山道入口に近いバス停は、「帝国ホテル前」です。


上高地~焼岳小屋(約2時間半)

バス停から、赤い屋根の上高地帝国ホテルを右に見ながら田代橋に向かい、橋を渡ってから、西穂高岳への道との分岐を左に曲がります。林道を10分ほど歩くと右に登山口があります。

最初はゆるやかで、森林浴気分で歩けますが、1時間ほど歩いたところで、急に勾配がきつくなります。ハシゴやロープの箇所が何度かあり、道も狭くなります。最後に90度の絶壁にかけられた長い鉄ハシゴを登ると、笹の原になり、勾配も楽になります。やがて、「小屋まで121歩」と書かれたユーモアのある標識があり、緑色の屋根が特徴的な山小屋、焼岳小屋に着きます。

焼岳小屋~北峰山頂(1時間半)

小屋を過ぎてすぐ、左に10分ほど登ると、視界が開けて「展望台」と書かれた場所があります。
この辺りから、左側に岐阜県の笠ヶ岳が見えます。

右側には前穂高岳~吊尾根~奥穂高岳、その右下に上高地の大正池やホテル群が見えます。出発点の上高地帝国ホテルの赤い屋根も見え、感無量です。

さらに歩を進めると、眼前に焼岳山頂へのルートが一目瞭然に見える場所に来ます。
ルートは少し下り、コル(峠のくぼ地)があり、その後は、あちこちで水蒸気が吹き出す岩場の急登です。がんばって登ると、中の湯コースとの分岐点に出ます。リュックを置いて、右に10分程度歩けばいよいよ山頂です。

北峰山頂~中の湯バス停(2時間半)

山頂の向こうに、昔の噴火口に水が溜った火口湖が見えます。リュックを置いた位置に戻り、右側に下山します。

赤茶けた火山性の土に、草や低木がたくさん生えていて、草紅葉が見られました。
1時間ほど歩くと分岐点があります。右が中の湯温泉の旅館と駐車場に下りる道、左が中の湯温泉卜伝の湯とバス停に下りる道です。

バス停に下りる道は狭く、笹が生い茂り、石がごろごろしていて歩きにくいですが、ブナの大木や白樺が多く美しい森です。
やがて車道と水の流れる音が聞こえ出し、卜伝の湯からわずかに高山よりの車道に出ます。卜伝の湯は、洞窟のようなお風呂ですが、お湯の質は良く、バスまで待ち時間があれば汗を流して帰れます。

登山者の感想

jonen_akira.gif今回は、9月の「シルバーウイーク」の連休だったのとアウトドアブームのせいか、中高年より若い人や働き盛りの人が多く見られました。
焼岳は、標高約2400mの山ですが、登山道は後半が急登で、スリルのある絶壁のハシゴもあり、火山活動も体感できる面白いコースでした。

【2009年9月21日 登山者・記事 常念あきら】


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。