トコ トコ トザン(信州松本登山ガイド)

奥穂高岳・前穂高岳

           〜信州松本の山案内〜


前穂高岳山頂から見た上高地・焼岳・乗鞍・
御岳山(クリックすると拡大します)

北アルプス穂高連峰の最高峰、日本第3位奥穂高岳上高地から涸沢経由で登り、前穂高岳を経由して岳沢から上高地に下りる1泊2日のコースをご紹介します。
1泊2日の場合、標高差1700mを、2日とも7~9時間歩くので、かなりの体力が必要です。体力に自信がない場合や天候が悪い場合、前穂高岳をパスするか、山小屋で2泊する方が無難です。
紹介するのは、重太郎新道の長い急登を避けて、涸沢から登って岳沢から下りる一般的なコースですが、穂高岳山荘の方によると、急登を登る体力があれば逆回りがお薦めだそうです。登るより下る方が難しく、疲れが出る時に下るのは危険だし、岳沢から登る方が景色が良いからです。
奥穂高岳の標高は3190m、前穂高岳の標高は3090mです。

松本からのアクセス方法

槍ヶ岳 槍沢コースのページのアクセス方法の説明をご覧ください。

地図

上高地〜涸沢(急いで5時間)

まずは、明神、徳沢、横尾を経て涸沢まで、ゆるやかな長い登りです。詳しくは、昨年の上高地〜涸沢の記事をご覧ください。

今回は、涸沢の紅葉はほぼ終わっていましたが、途中の標高1000~2000m付近はちょうど見頃で、美しい山岳紅葉を堪能しながら歩きました。紅葉情報 の記事もご覧ください。


 徳沢付近のカラマツなどの黄葉        沢の手前、ナナカマドの実

涸沢〜《ザイテングラード》~穂高岳山荘(少しバテて3時間)

涸沢からは、涸沢ヒュッテの上から左上方の奥穂高岳やとんがった「涸沢槍」を目指して登ります。名前通り涸れた岩場の中を、○や×の目印を気をつけながら歩きます。
見晴らし抜群のこのコースは「パノラマコース」と呼ばれ、カールは夏は高山植物のお花畑になります。


カールには、このまま万年雪となる去年の雪が、その上の奥穂高岳には今年降った雪が少し見えます。
途中、涸沢小屋方面に戻るコースと分岐します。

やがて、「ザイテングラード」というコースになります。凄そうなドイツ語の名前の通り、だんだん勾配がきつくなり鎖やハシゴもあります。ガレた岩場を歩くのは足を傷めやすいので要注意です。眼前に穂高の山々、振り返ると涸沢の向こうに常念岳を見下ろす絶景!

上高地から約8時間、穂高岳山荘に到着。山荘は外側はきれいで、中には、薪ストーブやランプが心地よい休憩室があります。

穂高岳山荘~奥穂高岳(40分)

美しすぎる御来光を眺めてから、穂高岳山荘の横から奥穂高岳に登ります。

いきなりハシゴのある急斜面です。起き抜けに3000mの高度で酸素が薄く、深呼吸しても空気が入ってこない感じです。十分に慎重に20分ほど登ると、上級者用コースの西穂高岳方面の「ジャンダルム」「ロバの耳」などが見えて来て、傾斜も楽になります。


奥穂高岳山頂

ほこらが立つ奥穂高岳山頂は、人が2~3人のスペースしかありません。ここが長野県一、日本でも3番目に高い地点に立った感慨に浸るより前に、360度、長野県・岐阜県・富山県の名だたる山々が全部見える、しかも上から見おろすということに感動!
なお、日本で2番目に高い山は、奥穂高岳より3mだけ高い南アルプスの北岳で、山梨県にあります。


奥穂高岳山頂から見た槍ヶ岳とその左に
水晶岳・黒部五郎岳(クリックすると拡大します)


奥穂高岳~紀美子平(1時間半)~前穂高岳往復(40分)

奥穂高岳山頂を越え、前穂高岳方面に、「吊尾根」と呼ばれるコースを歩きます。「南陵ノ頭」を過ぎてから急な下りになります。
途中の崖に雷鳥(ライチョウ)発見!お腹の毛が、冬用に白くなっていました。


富士山と南アルプス



紀美子平

誰が名付けたか、「紀美子平」という女性の名前が付いた場所に到着。ここでザックを置き、左手の前穂高岳への急斜面を登ります。ここも岩場でコースを間違えやすいので○印を確実にたどりましょう。

前穂高岳の山頂は、奥穂高岳よりずっと広く、眺めもすばらしくて、下りずにずっとここにいたい気分です。上高地を見おろすと、河童橋も、小さく見えます。
写真は、槍ヶ岳と、その右奥に黒部・後立山連峰の山々です。


上高地とその右の西穂高岳の稜線
(クリックすると拡大します)


紀美子平~《重太郎新道》~岳沢(2時間)~上高地バスターミナル(2時間)

これまた凄そうな名前の重太郎新道。その通り、急勾配の下りが続きます。前半に、写真の長い鎖があります。疲れているため、このルートで命を落とす人もいるので十分慎重に下ります。「雷鳥の踊り場」と呼ばれる場所で、眼下の上高地や乗鞍を見ながら腰をおろして休憩です。

後半には、ザイルを頼りに下りる部分があります。「カモシカのお立場」という名前の岩があり、最後の長い長いジグザグの下りを下りると岳沢です!

岳沢からは、昨年の上高地〜岳沢の記事をご覧ください。今回はちょうど美しい黄葉が見られました。

登山者の感想

jonen_akira.gif10月中旬で、氷点下の寒さを覚悟して防寒具をたくさん持っていたのに、秋晴れの好天にも恵まれ、行動中は暑いぐらいで拍子抜けでした。
さすがは全国のクライマーが目指す穂高連峰、登りも下りも厳しいですが、その分、他では見られない光景が見られて感謝感激。

【2008年10月18日~19日 登山者・記事 常念あきら】


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。