トコ トコ トザン(信州松本登山ガイド)

素朴さがいい「ヒュッテ西岳」

ヒュッテ西岳ヒュッテ西岳は標高約2680mにある山小屋です。
東には常念岳、西には槍ヶ岳、南には穂高岳連峰を見ることができます。最高の眺望です。


小屋のすぐ近くには標高2758mの西岳があります。ゆっくり登っても15分くらいで頂上に行くことができます。歩きやすい登山道です。ここからの眺めも最高です。
西岳山頂眼下にヒュッテ西岳東 常念岳方面南 穂高岳方面西 槍ヶ岳方面北 野口五郎岳方面

とまと夏の名物はハーゲンダッツのバニラアイスクリーム(7~8月のみ)とトマトです。
スタッフの方が冷蔵庫でしっかり冷やしたビールも最高ですよと言っていました。

こだわりはないとのことでしたが、この景色を眺められればこれだけで十分という気持ちになります。スタッフの方が、「小屋の周りからの景色がとてもいいですよ。朝夕がまた最高です。7月上旬の花の時期と9月中旬~10月中旬の紅葉も素晴らしいです。」と言って、ファイルされた写真を見せてくれたのですが、どれもこれも素晴らしいものでした。
ゆっくり座って眺めたい1ゆっくり座って眺めたい2スタッフの方

小屋の外にトイレがあります。土足で入ってはいけないかと思うほどきれいでした。

ヒュッテ西岳から槍ヶ岳に向かう登山道「東鎌尾根」には長いハシゴがあると聞いていたので、スタッフの方に聞いてみました。「落ち着いて下れば大丈夫です。必ず一人ずつ登り降りしてください。」 ハシゴの対策に良いトレーニング方法があるか聞いてみました。「数多く山を登ることです。」ごもっとも。 東鎌尾根の状況をインターネットなどで調べてから記者はあまりの恐怖心から何かをせずにはいられなくなり、重量ブロックの入った総重量12.5キロのリュックを背負い家の階段を後ろ向きに降りてみたりしました。(笑) このトレーニング方法の効果は不明ですが、垂直の長いハシゴを無事突破することが出来ました。疲労のために集中力がなくなることが一番危ないと思うので、東鎌尾根に入る前にヒュッテ西岳で心を落ち着けて行くと良いでしょう。ここまで来たらベンチに腰をかけてゆっくりと眺めを楽しんでいただきたいものです。
西岳から槍ヶ岳に向かって15分後乗越乗越後の下りのハシゴ
左の写真は、西岳から15分後にある2段のハシゴ。右の写真は、水俣乗越を過ぎてから下る長いハシゴ。後者のほうが、岩盤からやや離れているので怖く感じました。

2008年は10月10日まで営業する予定です。すばらしい紅葉が見られるそうです。
詳しくは、こちらのヒュッテ西岳のホームページをご覧ください。

登山ルートについては、
当サイト内記事 表銀座~東鎌尾根~槍ヶ岳~西鎌尾根 縦走 をご覧下さい。

お気に入りの写真西岳ヒュッテから槍ヶ岳方面に向かって約10分後からぐんぐんと下り始めます。左の写真はその間に見られる景色です。とても心安らかな眺めなのですが、その後はさらに下り、水俣乗越を過ぎてからはハシゴの連続が待っています。くれぐれも足元にはご注意下さい。

【2008年8月3日取材 取材・登山者:アルプスちえみ】


素朴さがいい「ヒュッテ西岳」” への2件のコメント

  1.   さわちゃんさんより

    去年表銀座縦走を計画しましたが、脳動脈瘤が見つかり断念、手術も成功して今年挑みます。ただ高所恐怖症ではしご、くさり場が心配です。
    槍ヶ岳頂上は無理としても槍ヶ岳山荘まで行きたいです。統計から8月初旬が天気が良いとのこと
    青森はねぶたの時期ですがチャレンジします。一昨年は栂池から白馬岳を登りました。青森県むつ市 澤畑

  2.   kobayashiさんより

    さわちゃんさん、コメントありがとうございます。
    手術が成功してよかったですね。

    ヒュッテ西岳から槍ヶ岳に向かうルートは長いハシゴや、階段状のハシゴ、やせ尾根もあります。
    こちらもご参照ください→ http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/tozan/?p=1052
      (2008年8月初旬に登ったときの登山道の状況報告です)

    登山道の状況は事前に山小屋などに問い合わせて万全な状態で行ったほうがいいですね。

    表銀座にこだわらなければ、槍沢コースがおすすめです。高所恐怖症の方でも槍ヶ岳山荘まで安心して行かれます。
    さわちゃんさんが登る日に、お天気が良いことを祈っています。
      【市民記者:アルプスちえみ】

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。