登山・高原
岳都松本 あれこれ

松本にある日本百名山

深田久弥選順

標高 山名
(信毎山岳情報へ
リンク)
地形図名
(ウォッ地図へ
リンク)
備 考
3180m 槍ケ岳 やりがたけ 槍ヶ岳 (南西) 槍ヶ岳は北アルプスの象徴。松本市街(一部)からも先鋒を望むことができます。(常念岳の南鞍部に)
3190m 穂高岳 ほたかだけ 穂高岳 (南西) 穂高岳は、奥穂高岳を主峰に、北穂高岳、前穂高岳、西穂高岳からなる連峰
2857m 常念岳 じょうねんだけ 穂高岳 (北東) 山頂からの槍ヶ岳や穂高連峰の展望 はすばらしい。松本平からの眺望も美しく、特徴的な三角形の山容は松本から見えるアルプスのシンボルでもある。
2455m 焼岳 やけだけ 焼岳 (北東) 日本アルプス唯一の活火山で、大正4年の噴火で上高地の大正池ができた。現在、登頂可能なのは北峰(2393m)のみで、主峰の南峰(2455m)は入山禁止。
3026m 乗鞍岳 のりくらだけ 乗鞍岳 (南西) 剣が峰を主峰に23の峰々が連なった山の総称。山頂名に乗鞍岳という名称はない。
2034m 美ヶ原 うつくしがはら 山辺 (北東) 最高峰は王ヶ頭。日本一広い溶岩台地を誇る高原状の山で、北・南アルプス、八ヶ岳、浅間山など360度の展望は素晴らしい。

※信毎山岳情報へのリンク、ウォッ地図へのリンクは別ウィンドウ表示