国宝・松本城 ~ 歴代の藩主

最初の約50年間は、石川・小笠原・戸田・松平・堀田氏と、藩主はめまぐるしく交代しました。その後約70年間は水野氏時代が続き、最後の140年間はふたたび戸田氏となり、明治維新を迎えます。
藩主の合計は23人。小笠原氏より後は、将軍徳川家と関係の深い藩主が置かれました。

笹龍胆(ささりんどう)
石川氏(23年間)8万石
1.数正(かずまさ) 2.康長(やすなが)

三階菱(さんがいびし)
小笠原氏(4年間)8万石
3.秀政(ひでまさ) 4.忠真(ただざね)

はなれ六星(むつぼし)
戸田氏(16年間)7万石
5.康長(やすなが) 6.康直(やすなお)

丸に三つ葉葵(みつばあおい)
松平氏(5年間)7万石
7.直政(なおまさ)

黒餅竪(くろもちたて)もっこう
堀田氏(4年間)10万石 (内、松本分7万石)
8.正盛(まさもり)

丸に花おもだか
水野氏(83年間)7万石
9.忠清(ただきよ)  10.忠職(ただもと) 11.忠直(ただなお)
12.忠周(ただちか) 13.忠幹(ただもと) 14.忠恒(ただつね)

はなれ六星(むつぼし)
戸田氏(142年間)6万石
15.光慈(みつちか) 16.光雄’みつお) 17.光徳(みつやす)
18.光和(みつまさ) 19.光悌(みつよし) 20.光行(みつゆき)
21.光年(みつつら) 22.光庸(みつつね) 23.光則(みつひさ)


国宝・松本城 ~ 現存する日本最古の城、400年の時を刻むのページに戻る