四柱神社 (よはしら じんじゃ)

特集:神社仏閣巡り > 四柱神社

松本の街中にある四柱神社の境内には、緑の小路があり様々な木や花が植えられています。
秋には、きのこも出るくらい自然が豊富な神社で、市民の憩いの場所としても親しまれています。


【歴史】
明治維新の折、神仏分離令(廃仏毀釈)が出され、
これによって、明治7年2月、松本に神道中教院が
宮村町長松院跡に設立されました。
院内には、天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神、天照大神の四柱の大神が奉斎されました。
明治12年10月1日、新たに一社を起こし、
四柱神社として、現在地に鎮斎された。同時に、神道事務分局も隣接して新築されました。
翌13年6月24日、明治天皇の行幸の折、神道事務分局を行在所に定めてお迎えしました。

明治21年1月4日、松本大火により類焼。大正13年、現在の社殿が再建されました。
ちなみに、前述の由縁により、当神社のことは、「しんとう」と呼ばれ、
広く親しまれている。加えて、当神社例祭も「神道祭」と呼ばれ、
松本平を代表する秋祭りとして斎行されています。   【四柱神社HPを参照】



    女鳥羽川からみる大鳥居          境内にある恵比寿神社
                   毎年11月19.20日にえびす講がおこなわれています。

*四柱とは天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・高皇産霊神(たかみむすびのかみ)・神皇産霊神(かみむすびのかみ)・天照大神(あまてらすおおみかみ)の四人の神をさし、すべての願い事が叶う願い事むすびの神」です。



       境内の鳩と遊ぶ子供               広葉樹と参集殿 
参集殿では、定期的に落語会や講演会なども催されています。

【宮坂宮司さんにお話しをお伺い致しました】
「目に見えぬ神の心に通うこそ 人の心の夏なりけれ」 を考えながらお参りすることをおすすめします。
すべてのことは、人間が自分の力で作ったものえない
目に見えないものによって生かされていることを、たまには考えてみましょう。

【四柱神社社務所】
〒390-0874
松本市大手3-3-20
TEL 0263-32-1936   FAX 0263-32-1942
Email yohasira@go.tvm.ne.jp
http://www.go.tvm.ne.jp/~yohasira/index.html

【アクセス】
JR松本駅より徒歩10~15分 
最寄のバス停 浅間線 八十二銀行前下車 1分
タウンスニーカー 北コース 八十二銀行下車 1分

平成18年の神道祭の様子は、こちらをご覧ください。

四柱神社の地図はこちら

【市民記者 山本】