千秋楽を迎えコンサート終演後、出演者、スタッフ、協賛社、ボランティア、主催者などが参加してさよならパーティーがありました。
パーティーの司会はボランティアOMFコンチェルトの副代表矢島ほづみさんです。
DSC_9662DSC_9564
まずは、主催者を代表して、サイトウ.キネン財団理事長 廣中平祐 氏
DSC_9565
数学者の廣中さん、ロボティック、AIと加速的に変わっていく中で、教育が大事であること、このOMFには教育プログラムがあるのが素晴らしい。この夏の松本を音楽で飾る行事が終わったがただの行事ではない、26年続いているというのは文化であると語りました。
DSC_9576
すこ~ぉしお話が長かったので、小澤総監督が止めに入って、式次第を無視してスピーチ。
DSC_9596DSC_9582DSC_9591
いろんな方たちにお礼を言いたいと話し出すとこみあげるものを抑えていました。
スタッフを始め推団協や、ボランティアの皆さん、SKOのメンバー、たくさんの方にお礼をと話しました。
次に地元を代表してOMF名誉副会長の松本市長 菅谷昭 氏
小澤さんにセルフコントロールをお願いした。おかげで元気に終えることができてありがたいと話しました。
DSC_9606
そして松本市国際音楽祭推進団体協議会会長の井上保 氏のご発声で乾杯になりました。
DSC_9613
OMFボランティアコンチェルトの皆さんも招待されて参加しました。
おや、約1ヶ月走り回っていたカメラマンさんとライターさんもやっと飲むことができたみたい(^o^)丿
DSC_9646

【市民記者 西森尚己】

キッセイ文化ホールで最終日の「オーケストラ コンサートCプログラム」がありました。
今日のチケットも完売。約2,000人のお客様が演奏に酔いしれました。

*SKO弦楽アンサンブル
豊嶋泰嗣をコンサートマスターとした指揮者無し、SKOメンバー25名の演奏。
グリーグ:組曲「ホルベアの時代より」作品40
DSC_9423
  Ⅰ前奏曲:アレグロ・ヴィヴァーチェ
  Ⅱサラバンド:アンダンテ
  Ⅲガヴォット:アレグレット
  Ⅳエア:アンダンテ・レリジオーソ
  Ⅴリゴードン:アレグロ・コン・ブリオ

*SKO管楽器
SKOメンバー13名の演奏(指揮者無し)
R.シュトラウス:13管楽器のための組曲 変ロ長調 作品4
DSC_9431
  Ⅰ前奏曲:アレグレット
  Ⅱロマンツェ:アンダンテ
  Ⅲガヴォット:アレグロ
  Ⅳ序奏とフーガ:アンダンテ・カンタービレーアレグロ・コン・ブリオ

*ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 作品37
  Ⅰアレグロ・コンブリオ
  Ⅱラルゴ
  Ⅲロンド:アレグロ
サイトウ・キネン・オーケストラ
指揮:小澤征爾
ピアノ:内田光子
DSC_9462DSC_9470DSC_9484DSC_9477
小澤が最後のタクトを振り終わった瞬間からブラボーの声が満席の会場から沸き上がりました。小澤さんも思わず涙。
DSC_9494
その後6回もカーテンコールが繰り返されました。
DSC_9495DSC_9503DSC_9508
DSC_9512
スタンディングオべーションでずっと拍手が鳴りやみませんでした。
そしてボランティアスタッフからステージの出演者にリンドウの花のプレゼント。
DSC_9515

これで2017OMFのすべてのプログラムが終わりました。
2017OMF公式プログラムには約1万5200人のお客様にご来場いただきました。
また来年 お会いしましょう!!

【市民記者 西森】

いよいよ2017OMFも千秋楽となりました。
本日のオーケストラコンサートCプログラムで今年のOMFも終了です。
さて最終日には毎年オーケストラメンバーにリンドウの花のプレゼントをします。
まずはその準備から
DSC_9345
1本ずつ袋に入れてテープでとめて、長さをそろえます。
DSC_9346
ひとまとめにしてコンサートの始まるまで隠して?おきます。
DSC_9347
さて コンサートCプログラムの休憩が終わりベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番の演奏が始まると準備です。
DSC_9450
ほら素敵な花売り娘(おばさんじゃないですよぉ)のできあがり(笑)
第3楽章が始まったところで上手、下手に分かれて待機です。
演奏が終わりカーテンコールの3回目の所で花売り娘が登場小澤さん内田さんオーケストラメンバーに1本ずつ手渡します。
DSC_9514DSC_9515DSC_9517DSC_9519
でもいつもみなさん客席に投げるんですよね。
(ダーツみたいに投げないでね危ないから)
手渡したり、優しく思い切り投げているメンバー。お客さんも手を伸ばしていました。
DSC_9522DSC_9525DSC_9527DSC_9534
お花ゲットした方、よかったですね。

おまけ
準備段階で落ちたりとられてしまったお花は捨てずに、インフォメーションに置きました。
かわいい?
DSC_9352

【市民記者 西森】

キッセイ文化ホールで「オーケストラ コンサートCプログラム」がありました。

*SKO弦楽アンサンブル
豊嶋泰嗣をコンサートマスターとした指揮者無し、SKOメンバー25名の演奏。
グリーグ:組曲「ホルベアの時代より」作品40
DSC_9140
  Ⅰ前奏曲:アレグロ・ヴィヴァーチェ
  Ⅱサラバンド:アンダンテ
  Ⅲガヴォット:アレグレット
  Ⅳエア:アンダンテ・レリジオーソ
  Ⅴリゴードン:アレグロ・コン・ブリオ

*SKO管楽器
SKOメンバー13名の演奏(指揮者無し)
R.シュトラウス:13管楽器のための組曲 変ロ長調 作品4
DSC_9154
  Ⅰ前奏曲:アレグレット
  Ⅱロマンツェ:アンダンテ
  Ⅲガヴォット:アレグロ
  Ⅳ序奏とフーガ:アンダンテ・カンタービレーアレグロ・コン・ブリオ

*ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 作品37
  Ⅰアレグロ・コンブリオ
  Ⅱラルゴ
  Ⅲロンド:アレグロ
サイトウ・キネン・オーケストラ
指揮:小澤征爾
ピアノ:内田光子

休憩をはさみ、小澤征爾エスコートで登場した内田光子。
DSC_9167
内田光子は1999年(SKO)にベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番で初めてSKFに参加。その後 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番(皇帝)で演奏して以来11年ぶり3回目のOMFです。
DSC_9216
松本で小澤征爾、SKO、内田光子がベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番を演奏するのは18年ぶりです。
DSC_9194
DSC_9252
DSC_9228
満席の約2000人が埋め尽くしたキッセイホールは、SKO、小澤、内田の素晴らしい演奏にくぎ付けになりました。
DSC_9286
DSC_9288
演奏の後、スタンディングオベーションが約15分にわたり続きました。

【市民記者 西森】

教育プログラムの一つ、長野県内の中学1年生をご招待し、小澤征爾音楽塾オーケストラによるOMFオペラ ラヴェル:「子どもと魔法」を上演です。
DSC_8802DSC_8804DSC_8970
DSC_8971DSC_8974DSC_8817
DSC_8984DSC_8825DSC_8993
DSC_9014DSC_8870
DSC_9036DSC_9037DSC_9041DSC_9042DSC_9048DSC_9052DSC_9061DSC_9067DSC_9069DSC_9072

OMFオペラ ラヴェル:「子どもと魔法」の本公演と違うのはキャストです。
(子どもと火/お姫様/うぐいすとティーポット/小さな老人/雨蛙)
子ども:金澤 桃子
肘掛椅子/木:駒田 敏章
母親/中国茶碗/とんぼ:牧野 真由美
火/お姫様/うぐいす:佐藤 優子
雌猫/りす:清水 多恵子
大時計/雄猫:町 英和
ティーポット/小さな老人/雨蛙:高畠 伸吾
安楽椅子/こうもり:栗林 瑛利子
羊飼いの娘/ふくろう:藤井 玲南

合唱:OMF合唱団、OMF児童合唱団
演奏:小澤征爾音楽塾オーケストラ
指揮:デリック・イノウエ
演出:デイヴィッド・ニース

公演が終わると盛んな拍手が鳴り響きました。
DSC_8917DSC_9086

帰りは7学校ごとにそれぞれ行動。学校によっては美術館に寄ったり、松本城に寄ったりと有意義な一日を工夫していました。
DSC_8926

6年生でオーケストラ聴き、中学1年生オペラを観る。とても贅沢なことだと思いました。
小澤さんが渋谷で「ぼく小学校の頃オーケストラ聴きました。」と声をかけられて嬉しかったと言っていましたが、
この中から音楽を目指す子どもたちが出てくるかもしれません。続けてほしいプログラムです。

【市民記者 西森】

« 前ページへ次ページへ »