ガンちゃん
オーケストラステージマネージャーの
岩崎尚人さんです。
東京出身の34歳。
通称ガンちゃん(岩崎の岩から)
お医者様のかわいい奥様と1歳になるお子さんをもつ 頼もしいマネージャーです。

縁の下の力持ち、舞台を支える岩崎さんにインタビューしました。

Q.小さいころなりたかったもの 教えてください。
A.いろいろありますよ。
電車の運転手になりたかったときもあるし、天文学者になりたかったときもあるし・・・
今でもありますよ。

Q.今でもですか?
A.えぇ。居酒屋とか焼き鳥やとかやってみたいですねぇ。 (ほぉ~似合ってる気がする・・・)

Q.ステージマネージャーってどんなお仕事か教えてください。
A.オーケストラの舞台監督ですね。トラックを手配して楽器を運搬することから、搬入搬出、ステージにセットすること、それから進行。

Q.そうすると事前の打ち合わせは大変ですね。
A.そうですね。指揮者と何度も打ち合わせをして、そのホールに合う形で作って持っていってチェックしてもらいます。

Q.SKFとの出会いというか きっかけは?
A.大学4年のときですね。
ぼく 桐朋でチューバ吹いてたんですよ。そのころSKFのステマネやってたのが金子康夫さんで 桐朋の演奏会もやってくれてたもんだからよく知ってたんですよ。それでバイトあるから来ないかと言われて ステージスタッフとして入ったのがきっかけですね。

Q.来て見てどうでしたか?
A.楽しかったですよ。勉強になりましたしね。ステージスタッフって 他には以前は松本室内楽団のメンバーが手伝っていて、みんな勉強になったと言ってましたね。今は信大オーケストラが手伝ってますがやっぱり勉強になると言ってます。素人の並べ方とは違いますからね。

Q.そのバイトしていて、ステージマネージャーいいなと思ったのですか?
A.ステマネは金子さんの引退で引き継ぐ形でなったんですが、ぼく 性格的に裏方で支えるのって好きなんですよ。チューバもオーケストラで下から支えるって感じでしょ。(笑) 

Q.SKFはボランティアさんもたくさんいますが、なにかエピソードとかありますか?
A.楽しくやらしてもらってますよ。
余ったスイカ食べてねぇってもらったり。おいしいものあると分けてもらったり。

Q.何年も松本に来ているわけですが、松本の印象ってどんなですか?
A.温かいですね。
街を歩いていて SKFを街のみんなで誇りに思っているのを感じますね。

Q.SKF以外で松本へ来たことありますか?
A.仕事にかこつけて温泉入りに来るとか・・・しますよ。本番前だとしっかり温泉入っちゃうと疲れるから。

Q.お気に入りのお店とか ありますか?
A.ドラム缶!! 七輪って店。
もうそこには必ず行きますね。行くと何でも作ってくれるから。松本にきはじめたころは まだなかったからいろいろ連れてってもらったりしたけど そこができてからはもうそこだけ。

Q.ずっと泊まってるんですよね。
A.そう。SKFの間は、ずっと泊まってるからいろんな人と飲みに行けるし、毎日おいしいものも食べれるしいいね。

Q.松本でおいしいものってありましたか?
A.山賊焼き!! あれの本物ってどこで食べられるかわかんないでしょ。
あれは ちょっと盛り上げましょうよ。
  (賛成~~ぃ!!)

ありがとうございました。

dscn7970.jpgdscn7966.jpg
この日は公式公演最終日。おいしいお酒が飲めたでしょうか!!

写真は七輪酒家で飲んでいる岩崎さん。

七輪酒家
松本市深志2丁目2-10 広津屋ビル1F
Tel/Fax 0263-36-4665
Open17:30~24:00