千秋楽を迎えコンサート終演後、出演者、スタッフ、協賛社、ボランティア、主催者などが参加してさよならパーティーがありました。
パーティーの司会はボランティアOMFコンチェルトの副代表矢島ほづみさんです。
DSC_9662DSC_9564
まずは、主催者を代表して、サイトウ.キネン財団理事長 廣中平祐 氏
DSC_9565
数学者の廣中さん、ロボティック、AIと加速的に変わっていく中で、教育が大事であること、このOMFには教育プログラムがあるのが素晴らしい。この夏の松本を音楽で飾る行事が終わったがただの行事ではない、26年続いているというのは文化であると語りました。
DSC_9576
すこ~ぉしお話が長かったので、小澤総監督が止めに入って、式次第を無視してスピーチ。
DSC_9596DSC_9582DSC_9591
いろんな方たちにお礼を言いたいと話し出すとこみあげるものを抑えていました。
スタッフを始め推団協や、ボランティアの皆さん、SKOのメンバー、たくさんの方にお礼をと話しました。
次に地元を代表してOMF名誉副会長の松本市長 菅谷昭 氏
小澤さんにセルフコントロールをお願いした。おかげで元気に終えることができてありがたいと話しました。
DSC_9606
そして松本市国際音楽祭推進団体協議会会長の井上保 氏のご発声で乾杯になりました。
DSC_9613
OMFボランティアコンチェルトの皆さんも招待されて参加しました。
おや、約1ヶ月走り回っていたカメラマンさんとライターさんもやっと飲むことができたみたい(^o^)丿
DSC_9646

【市民記者 西森尚己】