教育プログラムの一つ、長野県内の中学1年生をご招待し、小澤征爾音楽塾オーケストラによるOMFオペラ ラヴェル:「子どもと魔法」を上演です。
DSC_8802DSC_8804DSC_8970
DSC_8971DSC_8974DSC_8817
DSC_8984DSC_8825DSC_8993
DSC_9014DSC_8870
DSC_9036DSC_9037DSC_9041DSC_9042DSC_9048DSC_9052DSC_9061DSC_9067DSC_9069DSC_9072

OMFオペラ ラヴェル:「子どもと魔法」の本公演と違うのはキャストです。
(子どもと火/お姫様/うぐいすとティーポット/小さな老人/雨蛙)
子ども:金澤 桃子
肘掛椅子/木:駒田 敏章
母親/中国茶碗/とんぼ:牧野 真由美
火/お姫様/うぐいす:佐藤 優子
雌猫/りす:清水 多恵子
大時計/雄猫:町 英和
ティーポット/小さな老人/雨蛙:高畠 伸吾
安楽椅子/こうもり:栗林 瑛利子
羊飼いの娘/ふくろう:藤井 玲南

合唱:OMF合唱団、OMF児童合唱団
演奏:小澤征爾音楽塾オーケストラ
指揮:デリック・イノウエ
演出:デイヴィッド・ニース

公演が終わると盛んな拍手が鳴り響きました。
DSC_8917DSC_9086

帰りは7学校ごとにそれぞれ行動。学校によっては美術館に寄ったり、松本城に寄ったりと有意義な一日を工夫していました。
DSC_8926

6年生でオーケストラ聴き、中学1年生オペラを観る。とても贅沢なことだと思いました。
小澤さんが渋谷で「ぼく小学校の頃オーケストラ聴きました。」と声をかけられて嬉しかったと言っていましたが、
この中から音楽を目指す子どもたちが出てくるかもしれません。続けてほしいプログラムです。

【市民記者 西森】