上高地・乗鞍・奈川・美ヶ原通信

野麦街道を歩く(その4)

奈川高根線マップ

今回の野麦街道は、『左・きそ。右・ひだ』の寄合渡を右にまっすぐ、野麦峠まで行って来ました。

【妙見尊】
妙見尊妙見尊は北斗七星を神としている。『山中海上の一切難を退く』といわれ交通安全や長命を願い信仰された。馬頭観音と彫られた碑もある。(保平地区)

【川浦・歴史の里】
扇屋川浦地区にあった女工宿といわれた『扇屋』。家の中には当時の様子が再現されている。
見学料・大人200円。

峠路『扇屋』の隣りにある『峠路』。奈川産のそば粉で作る投じそばで知られている。
(0263-79-2514 奈川11-32)

【野麦峠オートキャンプ場】
オートキャンプ場木立の中のオートキャンプ場。コテージ(7棟・バリヤフリー3棟)・テントサイト(30サイト)があり、炊事場やトイレ、シャワー、電源コンセントなど設備が充実していて、気軽にキャンプが楽しめる。
(0263-79-2468 奈川29-1)

【石室】
石室過酷な冬の峠越えで凍死する旅人を救う為、江戸時代に作られた『石室』。近年になって修復された。中には暖をとるように薪をくべた様子が再現されている。

【旧野麦街道】
旧野麦街道ここから野麦峠までの1300mが旧野麦街道である。当時を偲んで歩いてみたい古道である。

【渓流】
やすらぎ橋
つり橋
渓流1渓流にかかるつり橋。自然遊歩道になっていて沢登りが楽しめそうな渓流である。

【石仏】
庚申様野麦峠までの道々には多くの石仏があり、お堂の中に祀られ、近くの集落の人々が大切に守っていることが伺える。六地蔵

御殿桜御殿桜の下にも石碑。

三十三観音堂秩父札所巡りや西国三十三観音巡り信仰により建てられたお堂。(神屋地区)

【写真 市民記者・三沢】


野麦街道を歩く(その4)” への1件のコメント

  1.   清流に生息している蛍さんより

    相当以前に製作された「野麦峠」の映画大竹しのぶさん主演のもの今になり知ることになりユウチューブで関連の動画を見ています。主人公の政井みねさんの眠っている飛騨の専勝寺へ出向き花を手向けたい気持ちに。幸い隣の県でしたので春か初夏に訪れたい初動に駆られております。

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。