上高地・乗鞍・奈川・美ヶ原通信

速報!乗鞍岳春山バスが増便

毎年楽しみにされているお客様も多い乗鞍岳の春の観光の目玉
「乗鞍岳春山バス」

次のシーズンに向けて嬉しいニュースが飛び込んで来ました。
それはこちらです。。。!

haruyamabus2018
*画像をクリックすると、PDFが拡大表示されます。

今年は1日4便だった春山バスが来年2018年は1日5便 となります!
増便される1便は、観光センターを10:30発 の予定です。

こちらが来年2018年の時刻表です。

2018timetable
*画像をクリックすると、PDFが拡大表示されます。

のりくら高原の宿に泊まっお客様が、ゆっくり朝食をとって、チェックアウトした後に乗車するのにピッタリな10:30発の便をアルピコ交通さんが増便してくださることになりました。

山スキーなどの目的で乗車される方は、朝早い便をよく利用されますが、雪見が目的のお客様には少し早すぎるタイミングでした。
休暇で高原へ滞在する方の中には、朝はゆっくりしたい!という方も多かったので、、これにより解決しそうです。

GWから運行される春山バスに乗って向かう先は、天空の雪景色の中。
そそり立つような「雪の回廊」を歩いて、爽快感とひんやり感を味わってみませんか~? 
雪壁の向こうに穂高が見渡せるポイントもあります。
晴れていれば、青空と白い雪壁のコントラストが眩しくて、キラキラですよ!
           

運行開始当初は、標高2350mの「位ヶ原山荘」までの運行ですが、エコーラインの除雪が進み、5月下旬頃に「大雪渓・肩の小屋口」バス停まで区間が延長されます。
その頃は、雪の回廊の一番のみどころである”エコーライン4号カーブ”の雪壁が最も高く残り、圧倒的な迫力です。

次の春の行楽の計画にぜひ盛り込んでみませんか?
     
       
※画像及び動画提供:のりくら観光協会
           
        

<市民記者 八田>
               
            


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。