上高地・乗鞍・奈川・美ヶ原通信

乗鞍岳ご来光バスが運行されています!

「ご来光」を見に行く専用のシャトルバスである「乗鞍岳ご来光バス」が
7月の海の日の3連休から運行が始まっています。
                        
20289966_980445118761738_126739912_n「乗鞍岳ご来光バス」とは、乗鞍高原で運行されている、「ご来光」を見に行く
専用のシャトルバスなのです!
早朝の3:30に乗鞍観光センターを出発して、
乗鞍エコーラインを登って標高2720mの県境に4:30頃に到着します。そして
バスを降りたその場所からスグに「ご来光」を見る事ができる、素晴しいバス
なのです!

「ご来光」は、通常であれば、登山をして何時間もかかって山を登り、稜線に
一泊して次の朝晴れていればやっと見る事が出来るという、有り難いモノなの
ですが、ここ乗鞍高原では、乗鞍エコーラインという日本一標高の高い道路が
あるお陰で、バスに乗って見に行くことが出来るのです! こんな場所は、
日本中探しても他にはありません!!

                    
                    
                        
それでは、ここから美しい「ご来光」の画像をご紹介したいと思います!
20270222_980445132095070_456916243_nコチラは、県境バス停でバスを降りて大黒岳へ上がって「ご来光」を見に行った
時の画像です。 感動的なムラサキ~赤の色合いの空になっていて、左奥には
穂高連峰の山々がシルエットになって見えています!
                 
                     
20030727_980445135428403_1918088784_nコチラは、県境バス停でバスを降りて、上記の「大黒岳」とは逆方向にある
「富士見岳」へと上がって見たときの「ご来光」の画像です。 この時の
ご来光の色合いはムラサキ~ピンク色をしていて、とっても美しかったのです!
「ご来光」はその時のその瞬間の色づき具合によって、いろんな色が見れます。
              
                    
20292088_980445122095071_711932197_nコチラは、太陽が東の山の稜線から上がってきた瞬間の画像です。真っ赤な
太陽を見たことが無い方は、ぜひこの「乗鞍岳ご来光バス」に乗って、見に
行ってみて下さい。感動すること間違いなしだと思います。
                
                  
a0353718_13271361そしてコチラは、雲海になった日の「ご来光」の画像です。この画像のような
ウロコ雲が真っ赤に染まっていく時もあります。「ご来光」の色合いは雲の出方
によって色づき具合が違うのです。この日はとっても美しかったのでした!
                     
                    
20179676_980445125428404_331082940_n太陽が少し上がってくると、もういつもの白い色合いになってしまいます。
「ご来光」は、約5分ぐらいの、美しくも感動的な瞬間なのです!
                     
                         
20270071_980445142095069_377212548_n運が良ければ、雷鳥さんにも会うことが出来るかもしれません・・・。
雷鳥は絶滅危惧種なので、もし出会っても、あまりストレスを与えないように
してあげて下さいね。
                     
                      
20289923_980445138761736_1498465921_nそして、高山植物の「コマクサ」も、ご来光を浴びて金色に輝いていました!
                      
                        
この「ご来光バス」は、7月15日(土)から9月18日(月)まで毎日運行されています。
天気の良い日にこの「乗鞍・ご来光バス」に乗れば、こんな素晴しい「ご来光」を
見る事が出来るのです! 皆さん、ぜひ乗鞍高原へ来て「乗鞍岳ご来光バス」に
乗って「ご来光」を見に行ってみて下さい! 感動すること間違いなしですよ!
詳しくは乗鞍高原公式ホームページをご覧下さい。→「乗鞍岳ご来光バス

(8/27(日)は「マウンテンサイクリングin乗鞍」開催のため、運休、その他
悪天候での運休の場合もあります。)
                     
                          
【市民記者 八田】
                        
                            
                               
                                 


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。