上高地・乗鞍・奈川・美ヶ原通信

タカの渡り

9月20日は一日中快晴でした。あまりにも素晴らしい天気なので、以前から気になっていた乗鞍地区と奈川地区の間にある白樺峠へタカの渡りを見に出かけてみました。白樺峠は「上高地乗鞍スーパー林道A線」の途中にあります。
今回は乗鞍高原からマウンテンバイクで一ノ瀬園地を経由して登ってみました。この林道は乗鞍岳はもちろん、穂高岳も見える素晴らしい眺望ドライブコースです。

乗鞍全貌穂高岳
左)乗鞍高原内からいつも眺めている角度とは違い、乗鞍岳の全貌をしっかりと見ることのできる絶好の位置関係にあります。道端には「ノコンギク」や「ゴマナ」「アキノキリンソウ」「オトコエシ」「サラシナショウマ」「ハハコグサ」などが咲いていました。
右)やがて穂高が見えてきます。前穂高岳ー吊尾根ー奥穂高岳と日本を代表するこんな絶景を眺めながら走れる所は日本でもそうたくさんは無いでしょう。

遊歩道   乗鞍眺望広場
左)白樺峠に到着、駐車場のすぐ横から「たか見の広場」への遊歩道が始まっています。林の中の気持ちのいい道を15分程登ります。
右)遊歩道から少し右に入ると「乗鞍眺望広場」がありました。このベンチから大雪渓を抱く乗鞍がバッチリ見えます。

マップたくさんの観察者
左)広場周辺の案内図もちゃんと掲示されています。
右)「たか見の広場」に到着するとびっくりするほどたくさんの人々が観察していました。この映像に写っていない人も周辺に大勢いて、合計で100名以上いたでしょうか?すごい望遠のカメラがずらりと並んでいて壮観でした。

看板タカ
左)東向きに開けた広場からは、松本平や美ヶ原の王ヶ頭がはっきりと見えます。
右)肝心のタカですが、何回か集団がやって来て双眼鏡でも、肉眼でも見ることが出来たのですが、はっきりとした姿を映像におさめることは出来ませんでした。右上に写っている黒い点々がそうなのですが・・・

本格的なカメラ機材を持ち込んで観察・撮影している方々のような映像は撮れませんでしたが、この目で頭上を舞う「サシバ」を見た時には、来て良かったなーと感動しました。
タカの渡りに関する情報は「乗鞍自然保護センター」のHPをご参照下さい。
眺望の素晴らしい所ですから、タカが観察できなくても爽やかな秋を満喫しにお弁当とおやつを持って出かけてみる価値ありです。

【市民記者 八田】


タカの渡り” への3件のコメント

  1.   okuharaさんより

    はじめまして。
    こまめに乗鞍情報を発信されていて「見習わなくては・・・」と思いながら
    毎回楽しみに拝見しています。
    20日は奈川小学校でも「タカの渡り観察会」があって
    息子も参加しましたので、
    どこかですれ違ったかもしれないですね。

  2.   hatta.nさんより

    okuharaさん、ありがとうございます。
    白樺峠は番所の我家からはすぐ近くなのに、移住9年目にして初めてのタカの渡り観察でした。時間をみつけてはあちこち出掛けるようにしていますが、まだまだ知らないことばかり。勉強しながらの発信で、至らぬ点も多いかと思いますので、どうぞお気付きの点は御遠慮なくご指摘下さいませ。宜しくお願い致します。
    それにしても快晴・絶景の素晴らしい一日でした。

  3.   kobayashiさんより

    10月21日の2時頃に行きました。素晴らしい眺めでした。
    観察していた方に教えていただきタカを見ることができました。タカの実物大の写真や渡りのルートなどの資料も見せていただき、大変勉強になりました。ユニークな方が多く、タカに対する情熱がわかる会話も楽しかったです。邪魔にならない程度にお話するのもお薦めです。何日もタカの観察をしているためなのでしょう、皆さんの陽に焼けた顔が印象に残りました。
    今年は大勢見に来て、多い日には400人くらい来たそうです。まだしばらくは渡りが見られます。紅葉を見ながら行ってみてください。

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。