上高地・乗鞍・奈川・美ヶ原通信

氷の水色がとても神秘的な「善五郎の滝」

冬しか見られない美しさがありました。この滝を見たら「寒いのもいいものだ」と思えるようになりました。

2月12日にスノーシューで善五郎の滝まで行って来ました。
1月27日にも行ったのですが、その時とはまた表情が変わっていました。

1月27日の様子
<1月27日の様子> 誰も居ませんでした。

2月12日の様子
2月12日は3連休の最終日だったこともあるのか、スキー場も混んでいましたが、善五郎の滝も次々に人がやって来て途絶えませんでした。本格的に写真撮影している方も居ました。

イソギンチャクみたい

細いツララがたくさん出来ていて下向きのイソギンチャクのようでした。こんな繊細な氷が自然の中で出来てしまうなんて!

横から見る
滝の氷の清らかな水色は心が洗われるようでした。うまく写真に表せないのが残念です。

休暇村からは往復で1時間みておけばゆっくりと楽しむことが出来ます。
善五郎の滝付近は、階段に雪が積もりかなりきつい坂になっています。足元には十分お気をつけください。

  【市民記者:小林】


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。