信州・まつもと 大歌舞伎 2012

公演情報 待ちに待った平成中村座の再来!

  • 上演演目
  • 公演日程・アクセス
  • チケット情報
  • 公式グッズ

civic activities

  • 信州・まつもと大歌舞伎とは?
  • 街中イベント
  • 市民記者ブログ

infomation

  • 新着情報
  • 宿泊パック
  • スポンサー
  • よくある質問
  • 松本市観光情報

信州・まつもと 大歌舞伎 2014 市民記者ブログ

時間旅行のうちわ印刷14.07.09

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 時間旅行のうちわ印刷
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
時間旅行のうちわ印刷信州松本大歌舞伎:市民記者ブログ
Share on Facebook

普通デザインを決めて印刷会社に出すと 後はお任せでやってもらうのですが、今回 藤原印刷さんのご厚意で デザインしたデザイナーさんに特色のインクをこねるのをやらせてもらうことになりました。

普通の印刷では赤、黄、青、黒の4色で4つ版を作り重ねて印刷することでカラー印刷になります。よく見ると(うんと拡大すると)この4色のドットで色ができているんです。
特色と言うのは十何色のベースの色を混ぜて色を作る、練るための専用のインクで、これを使えば初めから色を混ぜて作って1回で印刷できるわけです。
わかりやすく言うと、緑を作るには青と黄で2回刷っていたのを、初めから緑のインクを作ってやれば1回でできるということで・・


まずはこの色にするという色を選んで
パソコンに読み込みます。
同じ青でも何色かを混ぜて作るので、
混ぜ方でいろんな青の色ができるんです。
小澤さんとアシスタントの小宮山さんに
いろいろ教えていただきました。 



 これは機械が、読みとった色から、
 青を何グラム・緑を何グラム・
 黒を何グラムと計算して、
 そのまま正確に出してくれます。



それから 平らなプレートの上で
こねこね、ねりねり
混ぜていきます。



均一に練ったインクをちょこっと取って
ぺたぺたぺたと白い光沢の紙の上に
伸ばします。選んだ色に近いかどうか
またパソコンに読み込んで確認します。
違う場合は、足りない分のインクを
出して混ぜて、また練ります。
できたら印刷の機械に均一に塗りつけ伸ばします。


何枚かの試し刷りを経て、本刷り。ここは職人技です。
ちょっとした汚れも見逃しません。すごい目です。

そうやってできてきたのがこの一枚。
自分の練って作ったインクで印刷してると思うと、感慨深いですよねぇ。
このあと乾かして→表側のイラストを刷って(こっちは4色で)→型抜きをして→出来上がりィ~~!!

さあ、13日からスタートですよ。スタンプ集めて芸術館へ!!

【市民記者 西森】

コメント





新着記事

カテゴリー

過去の記事