2010年9月のアーカイブ

第6回 水の語り部講座「歴史の中の水を辿る」

2010年9月27日 投稿者: yamamoto[ コメントはこちらから: »

 9月25日(土) 「水の語り部 湧水案内人講座 第6回目
テーマ~歴史の中の水を辿る~ 講師 一級建築士 大石幹也氏 (松本城管理事務所所長) 参加者 20名 

高橋家住宅


 
テーマは「歴史の中の水を辿る」としました。「辿る」を辞書で調べると、「痕跡を確かめながら手探りで進む」とあり、江戸時代の絵図を使いながら歩くので、ちょうどいいかなって思っています。
内容は3つの柱があって、水、すまい、町です。
探索地は御徒町から北側の旧武家地で、絵図の中に出てくる大門沢、水路、辻井戸などの水、川筋、水の端を鳥の眼と人の目で捉えてみます。
そして「日本の住まい」にもちょっと触れます。武家住宅の広がりを実感していただいた後、途中で出くわす「松本文化村」を例に「日本のすまいの近代化」について武家住宅との対比で考えてみます。
(大石講師のコメント)

江戸絵図は、こちらをご覧ください。


高橋家住宅庭

高橋家住宅で資料を見ながら、「日本のすまい」江戸~明治~大正の住宅の遍歴の説明を受けました。
 高橋家住宅の詳しい説明は、こちらこちらをご覧ください。

資料図を見ながら、川から発生した地形の説明をしていただきました。
 「山と川がつくる日本の景観7タイプ ⇔ 地形パターン」<ふるさとの原型>
(1)水分(みくまり)神社型景観 里山辺・三才山・朝日村
(2)隠国型景観 入山辺・安曇・奈川地区・木曽谷
(3)秋津州やまと型景観 諏訪盆地
(4)八葉蓮華型景観 上高地
(5)神奈備山型景観 弘法山・有明山
(6)国見山型景観 富士山

 【出典 「日本の景観」春秋社 1981 、「景観の構造」技報堂出版 1975 樋口忠彦】


稲荷神社前の水路跡

昔の水路跡




江戸時代の地図を片手に、徒町を東へ進みます。
稲荷神社まで、少し南へくだると、稲荷神社の向えに古い石垣が残る水路が見えます。

更に東へ進むと、道路に昔の水路の痕跡が斜めに走っているのがわかります。

名前入り鬼瓦

大門沢




旧武家屋敷であったこの地区は、住宅が風情のある家々が立ち並び、
歩いているだけでも、とても楽しいです。鬼瓦に家紋や名前入りの家も多く見られます。
「水」と書かれた瓦も多く、何を意味するのか不明ですが、興味深いです。

松本文化村跡

口張町



「松本文化村跡」です。大正時代に6軒のモダンな住宅がここに建てられていたそうです。
住宅から文化の発信がされていて、松本はその頃から先進的な考えを持った方々が住んでいたようです。
資料には、 【旧 井口喜七郎邸】の見取り図と住宅の写真 旧宮崎邸の写真が掲載されています。

井戸マークの蓋


橋倉家住宅の1本西にある通りにある「井」マークの蓋です。
ここは、かつて井戸があった場所ですが、道路として埋め立てたのですが、
この蓋の下には、井戸の痕跡がそのまま残っています。今回は、見ることは出来ませんでしたが、そばに立て札があり写真が掲載されています。

橋倉家

橋倉家内



県宝 橋倉家住宅」 
橋倉家は、古くは水野家に仕え、後に戸田家に仕えた武士の家です。
当時の間取りからは、改修された場所もありますが、江戸時代の様子をよく残しているようです。
市の文化財課 田多井さんに説明していただきました。
普段は一般公開はされていませんが、事前に松本市文化財課に申し込めば
邸宅内を見学することは、可能だそうです。
【問い合わせ先】 松本市教育委員会 文化財課 電話 0263-34-3292

橋倉家東側の水路

宝栄寺横 旧道



古い水路の発見の旅は、続きます。R143沿いにあるビルの敷地内にも水路を見ることが出来ました。

天白神社~北 十王堂跡~木下尚江生家跡~常法寺小路を経て
宝栄寺の入り口手前にある「旧道」です。
江戸時代には、和泉町で突き当たり少し右に曲がったこの道で北上していました。
現在は、国道R143が開通して道がまっすぐになり、新しい道が主流になっています。

残っている水路

大門沢の小道



宝栄寺から、真っ直ぐ西へ進みます。ここでも旧水路を発見
高橋家を通り過ぎ、大門沢沿いの遊歩道を歩きます。
とても気持ちのよい小道です。

 秋晴れの気持ちのいい中、約1時間半 早足で駆け抜けましたが、
まだまだ知らない松本の魅力をたくさん発見出来た講座でした。
 最後に中央図書館横の公園で、本日のおやつ「梅月」さんのチョコレートウェハウスを頂きました。

                                   【市民記者 山本】

【まつもと百てん】翁堂 蔵の店

2010年9月4日 投稿者: takemura[ コメントはこちらから: »

ギャラリーのあるお菓子屋さん

松本お土産御菓子と言えば、『開運堂の真味糖』・『マサムラのベビーシュー』・『翁堂の女鳥羽(めとば)の月』あたりが、昔からの定番でしょうか。
好みは人それぞれですが、松本が故郷の遠くの友人には、私なら 『女鳥羽(めとば)の月』を土産にします。
街からの眺め、松本城、女鳥羽川などは松本を故郷に持つ人たちの青春の原風景と思われるからです。

翁堂外観

『蔵の店 翁堂』さんは、蔵の町・中町にあります。
江戸時代と明治39年に建てられた2棟の蔵が店の奥にあり、中庭と共に落ち着いた癒しの空間を醸し出しています。

明治44年に裏町で創業された翁堂ですが、木内社長で3代目となります。
中町の他に、上土通りに本店と喫茶店の翁堂茶房、昭和53年に営業を始めた駅前店があります。

 

翁堂 蔵ギャラリー

翁堂 蔵の中


店の奥にある蔵は、1棟がアンティーク・絵画・器など木内さんお気に入りの品々が展示してあるギャラリーです。
もう一つの蔵には、翁堂の菓子作りの歴史が詰まっています。
打ち菓子やお干菓子の木型や、注文菓子のデザインが描かれた絵図帳がずらりと並んでいます。貴重な資料ですが、どれも実際に手に取って見ることができます。美しい意匠にびっくりすると共に感動です。是非、ご覧ください。

お城に関した名前の御菓子

月見櫓と女鳥羽の月

月見櫓・御殿餅・松本城国宝羊羹・・・とお城に関した名前の御菓子がたくさんあります。
大正年間から『全国菓子大博覧会』での受賞菓子は数知れず、老舗ならではの変わらぬ味を守っています。どこまでも手作りの和菓子にこだわりを持ち、あえて多店化せず、目の届く範囲で作っているそうです。
しかし、時代のニーズに応えるために、3年に一度は新商品を開発しているそうです。進化し続ける老舗です。

 

『翁堂 蔵の店』からのおすすめ情報

木内社長

(写真を左寄せ)(おすすめは右に回りこむ)
Q1=おすすめのお店は?
A:蔵佳

Q2=おすすめのおみやげは?
A:わさび漬け
女鳥羽の月(翁堂)

Q3=おすすめスポットを教えてください。
A:薄川(万葉歌碑あたりから見る北アルプス連峰)

 

木内さんのこだわり

旅の思い出

10年前から続けている『旅の思い出』・・・来店されたお客様の写真とコメントなどが綴られています。

『お客様と直接触れあえる事が個店の良さ』と考える木内さんは、お客様とのタイミングを見て話しかけ、お茶のサービスをしています。
観光客には、松本城の話、市内の見所などを説明することがしばしばだそうです。
県外のお客さんの中には、年間5回以上松本に来られたり、10日以上滞在されたりして、来るたびに必ずお店に立ち寄って、木内さんとのおしゃべりを楽しみにしている方もいらっしゃるそうです。

お客様とのふれあいが『こだまの返ってくる町づくり』につながっていくと思う木内さんです。

店名 翁堂 蔵の店 (オキナドウクラノミセ)
種類 菓子販売
所在地 松本市中央 3-4-16 地図
Tel 0263-35-6948
HPアドレス http://www.mcci.or.jp/www/okinado/
営業時間 9:00~18:00
定休日 第1・第3水曜日
カード 不可
駐車場
アクセス 松本駅から、徒歩15分 ・中町通り
合い言葉は、M100♪
「はしごチケット」を提示すると、500円以上お買い上げの方に、「ミミーサブレ」1枚サービス

(※「はしごチケット」提示によるサービスの期間は、~2018年5月31日です。)

【市民記者:武村】