2010年8月のアーカイブ

第4回 水の語り部講座

2010年8月25日 投稿者: senryaku[ コメントはこちらから: »

8月24日(水)の夜、第4回目の水の語り部講座が開かれました。
本日のテーマは「松本市街地の井戸水の水質について」

講師の先生は(社)長野県薬剤師会検査センターの新村美博先生です。

水の語り部に参加されている21名の皆さんと新まつもと物語スタッフなど6名の約30名弱で
今日はアカデミックな水のお勉強会となりました。

毎回のお楽しみである「水にまつわる」おやつ。
今日は、松本マフィンさん(http://matsumoto-muffin.com/)が
この日のために特別に作ってくれた「湧水コーヒーゼリー」と、温かいお茶でした。

湧水コーヒーゼリーは、生クリームと混ぜていただきました。
甘さ控えめ、舌触りは固めの大人の味でした。とてもおいしかった!もうひとつ食べたい!!
こちらは、「鯛萬の井戸」のお水を使って作っていただきました。

温かい緑茶は、「大名小路井戸」のお水を沸かして淹れたものです。

おやつをいただきながら聞いた勉強会の内容は・・・

水質検査項目の概要から始まり、松本市街地井戸水の水質比較として、各井戸の硬度やEC(電気伝導度)の数値も明らかになりました。それぞれのヘキサダイヤグラムも教えていただきました。

検査によると、新しく出来た「松本神社の井戸」はとても硬度が低かったり、「源智の水源地」は高めだったり。
というように、各場所でさまざまな特色があることがわかり、とても面白い話が聞けました。

一般的に硬度(※硬度とは、水に含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンを、それに対応するCaCO3に換算してあらわしたもの)をよく気にされる方が多いですが、味覚は千差万別なので、それぞれ味わってみて、自分の好みを探すのがいいのではないか?とのことでした。

井戸水で珈琲を淹れたりお茶を飲むとおいしいですが、先生のお話では一番おいしさが顕著に出るのが「ご飯」なんだそう!
白米を炊いてみてください。違いがわかるかもしれません。

※次回は9月中旬に松本城管理事務所の大石幹也所長(一級建築士さんなのです)を講師にお迎えして、講座を実施予定です。
テーマは「松本市の都市空間体験 見る 知る 感じる 今昔し そして水」。
高橋家住宅からスタートします。

【 観光温泉課 上川 】