2010年5月のアーカイブ

【まつもと百てん】松本ホテル花月

2010年5月21日 投稿者: takemura[ コメントはこちらから: »

明治・大正・昭和の記憶を刻むレトロなホテル

白亜の外観

明治のハイカラ調大正ロマンがミックスしたホテル。松本ホテル花月!」こんなコメントで昭和50年代はじめ、テレビCMが放送されていました。
それから30余年、昭和の記憶を加えて今に至っています。白亜の外観は、よく目だってランドマークになっています。

初代が東町で始めた旅籠ですが、2代目は写真館と下宿屋として現在地で営業したそうです。『コーヒーショップ花月』の建物は、その当時の物で、どことなく旧開智学校の雰囲気を感じさせてくれる建物です。
このホテルは、すべての家具を松本民芸家具に徹底的に統一しています。
松本を代表するホテルです。
この左手前に同じ雰囲気の本館があります。

駐車場がとってもありがたい!

コーヒーショップ花月

各種新聞があって、週刊誌も豊富。座り心地がいい松本民芸家具の椅子とテーブル。駅前の喫茶アベと同じで、長時間居られる。
そしてここには駐車場がある!

松本らしさは民芸の心

『松本ホテル花月』は木のぬくもりをお客様に感じていただくことによって、城下町・松本と言えると考えているそうです。松本民芸家具が置かれたロビーや室内・レストランはゆったりとした造りで落ち着ける雰囲気を醸し出しています。
浴衣やスリッパで歩ける旅館スタイルと共に、家庭的なホテルを目指しているそうです。ホテルですが、大浴場も完備しています。『平成の名水百選』に選ばれた松本の地下水を利用している大浴場「深志の湯」で、PM 4:00~AM 10:00の間ご利用いただけます。

お客様と『松本ホテル花月』との心のつながりが『民芸の心』です。・・・と松岡社長。

フロントとロビー

この写真左にも、余裕の空間があります。正面左は、村田省蔵作 蓼科山(多分?)の紅葉風景。棟方 志功のリトグラフもあってなかなかの雰囲気です。

本館 レストラン壽城

ツインの部屋

 

社長 松岡成彦さんからのおすすめ情報

Q1=おすすめのお店は?
A:エオンタ
麺肴ひづき

Q2=おすすめのおみやげは?
A:瓦せんべい(磯村)
ちきりやの絵葉書

Q3=おすすめスポットを教えてください。
A:アルプス公園からの眺め
ホテル花月横の外濠小路

 

店名 松本ホテル花月 (マツモトホテル カゲツ)
種類 ホテル
所在地 松本市大手4-8-9 地図
Tel 0263-32-0114
HPアドレス http://www.mcci.or.jp/www/kagetsu/
営業時間 レストラン:7:00~21:00/喫茶室:7:00~20:30
定休日 無休
席数 レストラン 100席 喫茶室 45席(うちカウンター5席)
カード
駐車場 有 75台
アクセス 松本城より徒歩3分
松本駅から、徒歩15分 松本ICより車で10分
合言葉はM100♪
「はしごチケット」を提示すると、レストラン・喫茶室のメニュー全品5%OFF

(※「はしごチケット」提示によるサービスの期間は、~2016年5月31日です。)

【市民記者:武村】

【まつもと百てん】樽吉 皆空道

2010年5月13日 投稿者: yamamoto[ コメントはこちらから: »

日々の疲れの癒しの場

店内

飲食店が続く緑町にある「樽吉」は、地元のお客さん、出張の方、観光客様々なお客さんが、ゆっくり静に美味しいお酒を飲みに来るお店です。

日本酒が自慢

焼き味噌日本酒

日本酒向きのつまみのお薦めは「焼き味噌」 日替わりで刺しもの
郷土料理では、「馬刺し」「馬肉大和煮」 塩イカ(マリネ風)

日本酒を楽しんでいただく店というほど、日本酒の品揃えが豊富で、常時35~40種類ほど取り揃えています。地酒7割 県外3割で地酒に力を入れています。

観光で来た方へのお薦めは、辰野の「夜明け前」すっきりとして飲みやすい
地元の酒では、塩尻の「笑亀」、淡麗辛口

店主から「酒は飲むべし 語るべし 今日も1日笑顔で終わるべし」

『樽吉 皆空道』からのおすすめ情報


Q1=おすすめのお店は?
A:うちやま(蕎麦)
:たんぽぽ(蕎麦)

Q2=おすすめのおみやげは?
A:栗菓子(竹風堂)

Q3=おすすめスポットを教えてください。
A:松本民芸館

 

店名 樽吉 (たるよし)
種類 居酒屋
所在地 松本市大手4-9-18 地図
Tel 0263-33-7888
営業時間 17:30~23:00
定休日 日曜日
席数 カウンター5席 テーブル12席 座敷20席
カード 不可
駐車場
アクセス 松本駅から徒歩18分/バス停 上土下車約~10分
M100♪チケット
「はしごチケット」で、地酒一合御一人様サービス(店内にて飲食するお客様に限る)

(※「はしごチケット」提示によるサービスの期間は、~2017年5月31日です。)

【文:/写真:山本】

「松本さんぽ」完成しました!

2010年5月9日 投稿者: yamamoto[ コメントはこちらから:1 通 »

歩きたいまち、また来たい松本をテーマに昨年の5月9日のワークショップ「あなたの伝えたい松本」をスタートに
M100は、始まりました。

21年度最後の事業 松本市民が綴る「松本さんぽ」日常をタビする冊子が出来上がりました。

表紙

松本さんぽ地図




よくあるガイドブックには、掲載されないような視点を持ち
11人のさんぽ人と、2人がお土産・お蕎麦屋さんをセレクトしています。
読んで・見て、歩いて楽しい本に仕上がっているかと思います。
松本歩きの楽しさが伝われば、嬉しいです。

●冒頭のページより●
~歩きたいまち また来たい松本~

 この空の下を歩く幸せ
 ビルの隙間から、川原から見える神宿る山々
 誰もいない小道を歩くと、懐かしい町並みが続いている
 小さなお店の窓から、今日もやさしい声がする
 湧水が奏でる音色が響き、一生懸命生きている人々がいる

 住んでいても毎日旅しているようなマチ「松本」
 私たちと一緒にマチを彷徨ってみませんか

 宝ものにたくさん出会えるかもしれません

【お知らせ】
5月12日(水) 13時~ 松本市美術館 チューリップ前で「松本さんぽ」完成報告会を開催いたします。
報告会では、出筆者参加で「松本さんぽ」をテーマにした座談会を開催します。
当日来て頂いた方に、「松本さんぽ」を記念にプレゼントいたしますが、
合言葉「新まつもと物語HPをいつも見ています!」と一言お願いします。

書籍は、A5版フルカラー 82ページ 「特製 松本さんぽ地図の付録付き」
    1部定価600円 市内・市内近辺主な書店 松本市美術館でも販売中です!
              (松本城売店・松本市立博物館でも販売予定です)
    インターネット販売も開始いたしました。(新まつもと物語のサイトを離れます)
お問い合わせは、    machitabi@joematsumoto.net

【まつもと百てん】染・織 三六 

2010年5月8日 投稿者: yamamoto[ コメントはこちらから: »

伝統の染と織・絣の洋服もあります



創業明治31年 今年で112年の老舗としてお客様に間違いのないものを提供し続けています。
10年前に店を建て替えてからは、かすりの洋服も扱い人気商品になっています。

京都からの問屋からも選べる豊富な品揃え



華やかな振袖、帯も大変美しいですが、写真左 信州正藍染 唐草模様小座布団 色鮮やかな藍染も目を引きます。

若い店長さんは、京都弁でやわらかにお話をされます。店主と親戚筋の方で京都の着物職人さんの家柄のお生まれで、生まれた時から着物を身近な環境でお育ちになりました。
店内の在庫だけではなく、こういったものが欲しい、見たいという方のご要望にもなるべく答えられるように、京都の問屋さんからも選べるシステムになっているそうです。

着物を購入するだけではなく、着物のお手入れや着物に関することも気軽に尋ねていただければ、相談に応じさせていただけるそうです。
買った方には、無料で着付けのサービスもしていただけます。

『染・織 三六』からのおすすめ情報


Q1=おすすめのお店は?
A:カレーのデリー
:パントリーマルナカ
:うらしま

Q2=おすすめのおみやげは?
A:おやき
:わさび漬け

 

店名 染・織 三六 (そめ・おり さんろく)
種類 呉服・和装小物
所在地 松本市中央2-3-18 地図
Tel 0263-32-0036
HPアドレス http://www.astep-s.com/branches/kimono.php/
営業時間 10:00~18:00
定休日 水曜日
カード
駐車場
アクセス 松本駅から、徒歩10分
M100♪
「はしごチケット」を提示すると、税別1000円以上お買い上げの方に、オリジナルスープをプレゼント

(※「はしごチケット」提示によるサービスの期間は、~2016年5月31日です。)

【文:山本/写真:三・六さんより提供・山本】

【まつもと百てん】信州味噌蔵・石井味噌

2010年5月2日 投稿者: hayashi[ コメントはこちらから: »

絶品豚汁と味噌焼きおにぎり

石井味噌外観

店内


創業慶応四年という老舗の石井味噌店は、市内のスポットである「あがたの森」、「まつもと市民芸術館」、「松本市美術館」から歩いて5.6分のところにあります。
なまこ壁の土蔵の中を入っていくと民芸調の落ち着いた店内はもう城下町の雰囲気満点です。

「三年味噌の豚汁と味噌焼おにぎりランチ」


ランチの具がたっぷりの豚汁は絶品です!三年味噌は色が大変濃いですが味がマイルドという説明どおりのおいしさでした。ふき味噌とわさび味噌や野菜サラダがおかずについていますが、私はおにぎりにわさび味噌を絡めて食べるのが特に気に入りました。デザートにアイスクリームとコーヒーも付きます。是非お昼時に訪れてご賞味ください。

売店

 

売店では、ランチのサラダにかけてあった「三年味噌ドレッシング」や社長お勧めの「みそあめ」などお味噌をつかったいろいろな商品が販売されています。もちろん一番のお勧めは「三年味噌」です。

味噌蔵


石井社長は長身(190cm)のなかなか男前な方です。おまけに三年味噌の製造過程や材料や製法へのこだわり、三年味噌がいかに体に良い食品であるかなどを興味深く熱心に説明してくれます。
三年味噌はとってもヘルシーで体に良い食品であることがわかります。
徹底的に手をかけて作られた「三年味噌に余年なし!」

新まつもと物語内の「いただきます ごちそうさま松本」でも紹介されています。あわせてご覧ください。
/food/?p=1430

『石井味噌』からのおすすめ情報

石井社長

Q1=おすすめのお店は?
A: かつ玄
ちょもらんま

Q2=おすすめのおみやげは?
A: 三年味噌
みそわさび
みそあめ

Q3=おすすめスポットを教えてください。
A: 源池の井戸

 

店名 信州味噌蔵・石井味噌 (しんしゅみそぐら・いしいみそ)
種類 グルメ・食品・お土産・ショッピング
所在地 松本市埋橋1-8-1 地図
Tel 0263-32-0534
HPアドレス http://ishiimiso.com/
営業時間 8:00~17:00
定休日 無休
席数 154席 座敷8席
カード 不可
駐車場
アクセス 松本駅から、徒歩20分など
合言葉はM100♪
「はしごチケット」を提示すると、税別1,000円以上お買い上げの方に、味噌ソフトひとつサービス

(※「はしごチケット」提示によるサービスの期間は、~2016年5月31日です。)

【文:林/写真:山本】