2010年4月のアーカイブ

【まつもと百てん】Ristoro Cocteau’s (リストロ コクトーズ)

2010年4月28日 投稿者: yamamoto[ コメントはこちらから: »

手間暇かけたおいしいイタリアン

外観

店内


駅前大通に位置する、美味しいと評判のイタリアンレストラン
前身は、「コクトーズカフェ」で松本で1番最初のカフェと言われていました。
2008年にコクトーズカフェのシェフが独立して店を引き継ぎ「リストロ コクトーズ」としてスタートしました。
『リストロ』とは、イタリア語で~元気になる食べ物~という意味だそうです。

食べて元気になる料理たち

ランチ前菜

肉

アンガス牛のビスティカ


ある日のランチです。前菜は、ピザ・野菜スープ・サラダ・パン
メインディシュ 肉 アンガス牛のビスティカ(伊語でステーキ)ソースは、トリフとマルサラ酒のソース(茶)2種類のソース にんにくのピュレーにミルクとバターを塩胡椒と生クリームであえたソース
付け合せの野菜は、ブロッコリーとかぶの塩茹で

アップルミルフィーユ

アップルミルフィーユ

デザートは、アップルミルフィーユ 熱々のパイ生地にりんごのコンポートがサンドされたミルフィーユ

ランチは、パスタランチ1000円(前菜・パスタ・珈琲)
肉・魚ランチは、4種類あり値段は、それぞれ同じく(前菜・メイン・珈琲)
デザートは、別料金で400円増しです。
今回紹介したアンガアス牛のランチは、2000円
夜も単品で、メニューもたいへん豊富です。
お薦めは、活きしめ真鯛と魚介のスパゲティ1650円 (真鯛・あさり・やりいか・ムール貝)
飲み物は、生ビール・ワイン・カクテルなど用意されています。

本当に料理がとても美味しくって、ランチは、こんな安い値段でいいんですか?とお聞きすると味を知っていただくために、ほとんど儲けなしでランチはやっているそうです。

山がお好きで都会の街から、松本にある大学に入学されてそのまま松本に住みついたそうです。どちらで修行をされたのですか?と尋ねたら独学で本を読んだり、いろんな店を食べ歩いて本当に苦労されたそうです。
控えめでまじめな人柄が、料理に出ていてこれからも益々楽しみなお店のひとつです。

『リストロ コクトーズ』からのおすすめ情報


Q1=おすすめのお店は?
A:トラッテリア・ジラソーレ
:クワトロ・ガッツ
:ジャンニーノ

Q2=おすすめのおみやげは?
A:日本酒 女鳥羽の泉

Q3=おすすめスポットを教えてください。
A:あがたの森

 

店名 Ristoro Cocteau’s (リストロ コクトーズ)
種類 イタリアンレストラン
所在地 松本市深志2-5-6 1F 地図
Tel 0263-37-0526
営業時間 11:30~13:30 / 18:00~22:00
定休日 日曜日
席数 20席
カード 不可
駐車場
アクセス 松本駅から、徒歩10分など
合言葉はM100♪
「はしごチケット」を提示すると、自家製アイスサービス

(※「はしごチケット」提示によるサービスの期間は、~2018年5月31日です。)

【文/写真:山本】

松本ちゃりMAP完成しました!

2010年4月28日 投稿者: yamamoto[ コメントはこちらから: »

表紙郊外編・中心市街地編
新まつもと物語「自転車藩」のメンバーで制作して、1年近くの時間をかけて完成しました。
A2版両面カラー 防水紙を使用していますので、多少の雨に濡れても大丈夫のようです。


片面は、松本市街地地図になっています。
メンバーの選んだ、お薦めポイント・自転車さん、パン屋さん、コンビニ・トイレ・自転車専用駐輪所などの基本情報に加えて、自転車専用レーン・自転車が通行可能な歩道・走行に注意が必要な危険箇所など、楽しく安全に走れる情報が満載です。



もう片面は、郊外のおすすめ地区 四賀地区・島立地区・梓川地区・筑摩地区・山辺地区
浅間地区の6箇所を掲載しています。
イラストもひとつづつ切り絵で作られていて、目で見ても楽しい地図です。

メンバー

5月1日より、観光情報センター 地図 で少しですが置いてもらいます。
この事業は、新まつもと物語プロジェクトが21年度M100(まつもと百てんプロジェクト)街中を回遊し、市民と行政が協働で街を元気にする事業の6つのうちのひとつでおこないました。
元気づくり支援金の支援を受けて印刷しましたので、定価200円ですが初回に限り大切に使って頂ける方に、無料で配布させて頂きます。

問い合わせは、新まつもと物語「松本ちゃりMAP」担当宛てでメールで連絡ください。
  メールアドレス   info@joematsumoto.net
                                               【市民記者 山本】

【まつもと百てん】信州土産処・和食そば処たかぎ

2010年4月27日 投稿者: yamamoto[ コメントはこちらから:1 通 »

松本てまり・蕎麦体験できる店

外観

創業明治11年 130年を迎える老舗です。
松本城通じる「大名町」の真ん中に位置するお店です。4階建てビルにお土産・そば・ビアガーデンがあります。
1階のお土産は、特産品を主体に松本手まり、道神面、農民美術など
2階は、信州そばと郷土料理の店
3階は、多目的ホール 総フロア面積40坪の多目的で、物販催事、会議等など使用できます。
屋上は、季節限定のビアガーデン 「Beer Happy」(4月~9月1.2週まで)

徹底的に信州産にこだわる

 古地図

古い絵図を見せてもらいました。創業時は、お城の近くに「書肆内外堂」という店名で文具や書籍などを扱っていたようです。
その後、山岳観光「白樺材木」、白樺の木を輪切りにしたものに絵を描いてお土産として販売していたそうです。


当時は、松本を代表するようなお土産がなかったので、松本てまりをお土産に販売始めたそうです。松本てまりは、昔娘やお屋敷女中がなぐさみに作っていたものでした。松本手まりの特徴は、色が褪めないように下地に草木染、その上にフランス刺繍糸をかけて鮮やかさを保っているそうです。
松本てまりは希望者の方には、小さいもので680円から手作り体験が出来ます。

「道神面」も地下に降りる階段に12の面が展示されています。

3階では、そば打ち体験も予約されれば対応してくれます。

『たかぎ民芸品店』からのおすすめ情報

Q2=おすすめのおみやげは?
A:松本手まり・道神面

Q3=おすすめスポットを教えてください。
A:松本民芸館
:山岳博物館

 

店名 たかぎ民芸品店 (たかぎみんげいひんてん)
種類 土産品・飲食
所在地 松本市大手3-5-12 地図
Tel 0263-32-5337
HPアドレス http://e-takagi.net/
営業時間 2階飲食 11:00~20:00
1階お土産 9:30~18:30
定休日 元旦
席数 295席 (カウンター5席 テーブル200席 座敷90席) ビアガーデン150席
カード 1階可  2階不可
駐車場 有  3台(3,000円以上お買い上げの方)
アクセス 松本駅から、徒歩15分
M100♪チケット
「はしごチケット」で、1F:3,000円以上お買い上げで手まり根付等一品サービス、2F:珍味一品サービス

(※「はしごチケット」提示によるサービスの期間は、~2018年5月31日です。)

【文:/写真:山本】

【まつもと百てん】手打ちそば処まつした

2010年4月25日 投稿者: yamamoto[ コメントはこちらから: »

信州そばの伝統と味を大切に

外観店内

中町で平成4年から脱サラをして始めて今年で18年目になります。
いろいろなそばを食べてきて、自分で始めて「信州そばの伝統の味を大切にしています」をモットーにしています。
信州そばの伝統とは、少し黒めの2:8 香りと甘みがあるそばです。

魅力的な店主のいる暖かいおもてなしのお店

ざるそば

かもねぎ

カモネギそば


もりそば 1枚610円  鴨ネギそば 1310円
鴨とネギで、鴨を串に刺してその上にネギを乗せて、遊び心を入れた名前のそばです。鴨ねぎそばは、もも肉を使い油けがあります。
盛り・かけそばは、蕎麦の基本の味になるので、お勧めメニューです。
山菜そば840円・天婦羅ざるそば1680円も人気メニューです。

とうじそば

とうじそば 二人前 3360円 郷土料理を紹介したく、松本市街地では早く「とうじそば」をメニューに入れていました。
まつしたのとうじそばは、鴨肉と鶏肉を使い鴨肉では、それなりのしつこさを鶏肉ではさっぱりとして、蕎麦にあった肉を選んでいます。
一人前1680円で鴨肉は、200円増しになります。夏でもメニューにあり、汗をかきながら食べる方もいるそうです。

『手打ちそば処まつした』からのおすすめ情報


Q1=おすすめのお店は?
A:あけぼの寿司

Q2=おすすめのおみやげは?
A:松風堂 栗かなこ
:やまへいの佃煮
:みづしろのお漬物

Q3=おすすめスポットを教えてください。
A:時計博物館

 

店名 そば処まつした (そばどころ まつした)
種類 蕎麦
所在地 松本市中央2丁目9−14 地図
Tel 0263-33-4844
HPアドレス http://ww4.et.tiki.ne.jp/~kinta/
営業時間 11:00~15:00 17:00~21:30 日・祝11:00~15:00
定休日 金曜日 営業している時もあります。
席数 38席
カード 不可
駐車場 指定駐車場有
アクセス 松本駅から、徒歩15分

「いただきます、ごちそうさま松本」内の記事もご覧ください。

M100♪チケット
「はしごチケット」を提示すると、そばがきをサービス(そばがきができない場合があります。その場合は、会計より5%引き)

(※「はしごチケット」提示によるサービスの期間は、~2018年5月31日です。)

【文/写真:山本・まつしたさんHPより写真提供・新まつもと物語「いただきます・ごちそうさまより写真提供】

M100チケット 第3回ワークショップ

2010年4月5日 投稿者: yamamoto[ コメントはこちらから: »


「お客様に喜ばれるサービスづくり ~データで語ろうM100チケット」



3/27(土) 松本市大手公民館 2階 視聴覚室 19時半~21時半
「お客様に喜ばれるサービスづくり~データで語ろうM100チケット」ワークショップが25名参加で開かれました。
昨年実施したM100チケットの分析結果を元にしたワークショップです。

まず、会長から、M100プロジェクトの加盟店がちょうど100店になったことなどが報告されました。




続いて、今回新しく加盟した、中町の和楽器屋「まつ乃」の松野さんの知人で、三味線のプロを目指している福島さんが「津軽じょんがら節」を披露。津軽三味線の力強い演奏を聞けました。

横沢さん



その後、進行役の公益財団法人 日本生産性本部の富田さんの進行で、ワークショップ本番がスタート。
M100チケットの分析結果の説明の後、3~4人ずつのグループに別れ、グループ作業の
始まりです。
田多井さん倉澤さん


最初は、自己紹介ならぬ他己紹介。隣の人にいろいろな質問をして聞いた結果を、他の人に説明する、という面白いウォーミングアップでした。




                                         ↑講師・進行役富田氏
ワークショップ内容

1. ワークショップのねらい
(ア) メンバー同士で積極的に交流してもらう
(イ) データに基づいてサービスを考える体験を行ってもらう
(ウ) 次年度のM100チケットサービスに磨きをかけてもらう

2. 講師・進行役・タイムキープ
冨田 茂
略歴:公益財団法人 日本生産性本部 勤務 東京都出身 30歳
   03年 信州大学経済学部卒業・05年 東京工業大学大学院社会理工学研究科修了(修士 / 専門:過疎地
   域の人口動態および産業開発)・同年 財団法人 社会経済生産性本部 入職。海外企業視察研修の立案・
   運営、財団所有研修施設の営業・営業企画、産業界の生産性向上に関する研究会の企画・運営等に従事。

3. プログラム
(ア) 仕様
① 時間: 90分
② グループ: 3人1グループが基本(同業者にならないようにする)
③ 配布資料:M100各店舗データ、グループ作業フォーマット、アンケート

(イ) スケジュール・内容
経過時間 内容
00分  プログラムの趣旨説明・進行役自己紹介
03分  M100チケットの全体結果の紹介
10分  (グループ作業1)店舗・店主の他己紹介
  ・隣の人の店舗・店主について質問(9分程度:3分×3店舗)
  →【既存・新規店主】
    フォーマットを利用し、お店・店主の特徴やお客様層を聞きだす。
   →【一般の方】 お名前、松本の商店街のイメージ、好きな店等
 ・グループ内で各自他店舗・店主紹介(6分:2分×3店舗)
25分  データのご返却とデータの説明
30分  (グループ作業2)データを読み取ろう
  ・各店舗のデータを3枚ずつ班に配布し、メンバー共有。
    ※共有が難しいようならば、別の方法を考えます・・・。
 ・各自で各店舗データの特徴を5点ずつ考えてもらう(10分)
  →【一般・新規店主】全体データを読み解いていく
  → データが少ない場合はその理由を5点考える
 ・各自で気づいたデータの特徴を発表(15分:5分×3人)
 ○自転車での来店者が多い
 ○20~30代女性2名が多い
 ○市内と市外・県外者がやや同じ

55分  (グループ作業3)サービスアイディアを出そう
 ・グループ全員で1店舗につき3点ほどサービスのアイディア出し
  →アイディアにはデータに基づいた理由をなるべくつける
  →【新規店主】初期アイディアを出してもらう
  (21分:7分×3店舗)
 

76分  発表
 ・1班ずつ発表 (時間は班の数に応じて)
・班の発表する代表を1名選出
○6班6名が、発表
*ついでに来た人を取り込むサービスの実施
例)知新堂(陶器店)でどんぶりを買ったら、じゅけむ(うどん屋)でサービス
同じく珈琲カップを買ったら、アベ(喫茶店)でサービスなど
*地図の携帯の変形の提案
手帳型で、市街地の商店の密集地を拡大して表示など工夫していく。
*例)かつ玄さんの提案するサービス
はしをプレゼント(大滝村の間伐材を使用)
普段小鉢で大滝村のかぶの漬物をサービスしている。
*例)大名町たかぎさん
   店主からは、従来サービスされている「手まりの根付」や「松本城のハンカチ」などのサービスが提案された。同じグループからは、たかぎさんは、屋上にビアホールがあるので、ビアホールに行かない方でも、屋上で展望を楽しめるサービスなどあれば、嬉しいと提案
ふたつが、合わさり大滝村に行きたいと思う人を増やしていく。
*M100チケットの目的・・かっこいいデザインにする。
デザインの中に目的や理念を表現していく。

などなど

熱い意見・提案が発表されました。

85分  まとめとワークショップアンケートの記入
90分  終了
                        【記事:松尾/撮影:山本】