2009年5月のアーカイブ

【松本大好き!M100】#002…和来(紙舘 島勇):伊藤慶さん

2009年5月21日 投稿者: sayaka[ コメントはこちらから: »

松本大好き!M100】#002…和来(紙舘 島勇):伊藤慶さん 松本大好き!な人へのインタビュー第2弾は、六九商店街にある老舗(大正10年創業)の和紙の専門店「紙舘 島勇(かみやかた しまゆう)」さんの店内の一角にある、和来(わらい)」の伊藤慶さんにお話をお聞きしました。

顔出しは恥ずかしいと言うことで、写真は伊藤さん…ではなくレジの横にいつもいる可愛い営業部長のテディーちゃんです。

実は記者は「かまわぬ」の手ぬぐいが大好きなのですが、今まで松本近郊で購入できるお店はなかなか無かったので、「和来」が2006年に出来てからは、ちょくちょくお邪魔しているお気に入りのお店のひとつです。
常に40~50の手ぬぐいや和雑貨があり、夏のシーズン中ですと70種もの手ぬぐいを取り扱っていらっしゃるそうです。
そして手ぬぐいと言えば、新まつもと物語オリジナルグッズである「まつもと双六てぬぐい」も置いてくださっています。

【松本大好き!M100】#002…和来(紙舘 島勇)

◆松本ってどんな街ですか?◆
好きなところは、たべものが美味しいところです。
お気に入りのお店は、そば屋、スペイン料理、イタリア料理などいろいろです。

10数年前に東京から戻ってきての第一印象は「田舎を抜け出せない都会」「変な都会」でした。
歩くことを目的にしていない道路拡張などは、残念に思いました。
細い路地などが好きなので、ナワテ横丁や裏町の裏側の細い路地などがお気に入りです。

でも街づくりを頑張っている人は多いですし、街に底力はあると思います。
これからの松本にも大いに可能性を信じています。

◆伊藤さんが今関わっている活動を教えてください◆
松本に帰ってきて以来、さまざまな活動(サイトウキネンのボランティア・商連・ショートショートフィルムフェスティバル等)に関わっているのですが、今力を入れているのは「GBC:Global Basketball Concept」と「商店街映画祭『ALWAYS 松本の夕日』」です。

◆GBCはどんなことをしているのですか?◆
3on3バスケのイベント等を通して「スポーツ振興」「バリアフリー」「松本市活性化」などに繋がって行って欲しいと思っていますが、何よりも「3on3バスケの楽しさ」を伝えていきたいと思っています。
この週末の2009年5月23日(土)24日(日)には【GBC Spring Basketball Fes’ with TOYBOX】が開催されます。
今回はゲストとしてプロ選手数名を招待し、トーナメントとは別に彼らと同じコートでプレイできる企画もあります。本物とプレイできるチャンスですので、ぜひ皆さんに来ていただきたいですね。
もちろん観客として来て頂くだけでも十分楽しめると思います。(詳細はGBC のサイトよりどうぞ)

◆「紙舘 島勇」についても教えてください◆
「和来」が出来てからは最近は若いお客さんもよく来て下さるようになりました。
若い方たちは斬新なアイディアで和紙を生活に取り入れていて下さっているようです。
「紙舘 島勇」のネットショップには、ヨーロッパからのご注文が来ることもあります。
お店の二階には和紙人形の展示もしてありますので、ぜひ覗いてみてください(無料)。
<img src=
また和紙を使ったテーブルウェアの作り方などもいつでも「教えて!」とお気軽にお尋ねください。

_____________________________

今回インタビューをさせていただいて、改めて松本は「商人の町」であり、そう言う方たちが松本の底力となって街づくりをしていると言うことを感じました。
「”普通”のお店はやるつもりはない」とおっしゃる伊藤さん。
古くからのものと新しいものとが融合した店内は、ほかにはちょっと無い品々を探すのも楽しいです。

【市民記者:サヤカ】

M100スタート【会場レポート】

2009年5月9日 投稿者: isshi[ コメントはこちらから: »

ごあいさつ■5月9日(土)、いよいよM100が本格スタート。
イベントの告知は⇒こちら

まずは、私たち新まつもと物語会長の林 勇次がごあいさつ。

続いて、松本市内で活動する17の団体の3分プレゼンの始まりです。

工芸の五月松本大学地域づくり工房「ゆめ」

後半は、参加者がグループに分かれ、「あなたの伝えたい松本」というテーマで、ワークショップをすすめました。
一人ひとり松本の魅力や、逆にマイナスのイメージなどを付箋紙に記入。
それを模造紙に貼りながら、グループごとの意見をまとめ、最後に発表します。
発表1発表2

「女鳥羽川でも蛍がみれる」「市街地で共通して使えるポイントカードがあるといい」「友人が松本に来た時、連れて行きたい場所・店をみなさんにも紹介したい」
などなど、参加者のみなさんから、貴重な口コミ情報&役立つご意見を、たくさん聴くことができました。

今日のワークショップのまとめが、これから、まだまだ続くM100の活動の大切な土台になっていくことでしょう。

【市民記者=一志 さえ美】

M100スタート【スタッフ編】

2009年5月9日 投稿者: isshi[ コメントはこちらから: »

スタッフミーティング中です■5月9日(土)、いよいよM100が本格スタートしました。
イベントの告知は⇒こちら

私たち新まつもと物語のスタッフが、当日の運営に携わりました。
まずは、会場の松本市美術館の中庭、市民創造ひろばの芝生でスタッフミーティング。

5月のすがすがしい空気が心地よく感じられました。

その後、各持ち場に分かれ、イベントの開始です。
受付をしたり、パン・牛乳&駄菓子を販売するスタッフもいます。
受付はこちらですまつもと商店

本日の目玉商品は、味噌ペーストが入った、M100パン
M100パン味噌入りで~す

司会進行だけではなく、PCの操作をしたり、プレゼンテーターに持ち時間の残り時間を伝えるタイムキーパーもいます。
パワーポイント準備中残り30秒です

みんなで力を合わせることが、M100の精神です。

【市民記者=一志 さえ美】