2009年4月のアーカイブ

5/09 松本を元気に M100ワークショップ

2009年4月29日 投稿者: shiohara[ コメントはこちらから: »

一緒に松本のことを考えませんか!?

M100
【日時】
 2009年5月9日(土)
 18:00~21:00
【場所】
 松本市美術館1階講座室
【内容】
1部・・・3分プレゼン大会
 中心市街地で活動している市民団体・市の施設等14団体(予定)
2部・・・ワークショップ 
 教えてください!「あなたの伝えたい松本」

【参加団体】
 ●M・O・P●信州大学「ぼるネット」●松本大学地域づくり考房「ゆめ」●ナガブロ●GBC●フリマネット信州●松本アルプス大学●松本青年会議所城下町シンポジウム準備委員会●松本市アルプス公園(TOY BOX)●松本市博物館●松本市美術館●まつもと市民芸術館●市民活動サポートセンター●新まつもと物語プロジェクト(順不同・予定)

参加者募集中!!

【詳細チラシ】
 PDFファイルダウンロード

【問い合わせ・予約】
M100@joematsumoto.net
電話:090-2550-8331(担当 山本)
【主催】
新まつもと物語プロジェクト

【松本大好き!M100】#001…[i] design club shop TO-YA:戸谷店長

2009年4月3日 投稿者: sayaka[ コメントはこちらから: »

[i] design club shop TO-YA 戸谷店長松本大好き!な人へのインタビュー第一弾は、「服」づくりを学ぶ松本衣デザイン専門学校の学生と一緒に運営するセレクトショップ」[i] design club shop TO-YA:戸谷店長(長野市出身)です。
松本衣デザイン専門学校の「販売促進」の講師としても活躍されています。

[i] design club shop TO-YAは、先日まで中町の三六洋服店の中にありましたが、この4月からパルコ前の花時計公園脇に、千歳橋近くにあった松本衣デザイン専門学校とともに移転してきました。
学生ショップとして開店してからは今年11年目、ショップの現在の名前「TO-YA」は店長の名前が付いていますが、戸谷さんが店長になってからは3年目です。

インタビュー当日もショップの開店準備中(オープンは4月11日)で、ちょうど学生さんたちとペンキ塗りをしているお忙しい中お邪魔致しました。


[i] design club shop TO-YA[i] design club shop TO-YA[i] design club shop TO-YA

◆まずは松本のどこが好きですか?◆
ほどよく都会で、自由さを感じるところでしょうか。
どんなファッションをしていても気にしないでいられると言うか。
あとはものづくりをしている面白い人に出会えるところも好きです。

◆松本らしいファッションってありますか?◆
松本はファッションも流行をただ追っているだけではなくて、自分にとって良いものを見る目や自分らしさを持っている人が多いですね。

◆松本の印象ってどうですか?◆
ミセスがとっても元気です。
若者はおしゃれな人が多いです。
女性は松本を大好きな人が多いように感じます。

◆どんな方がお店にはいらっしゃいますか?◆
常連さんもいますし、あとは観光客の方や学生さんなどさまざまです。
「面白い服がある」「手作りのぬくもりを感じられる」など、他のお店とはちょっと違うものを求めていらっしゃいます。

◆お店ではどんなものを扱っているのでしょうか?◆
学生が作るブランド「[ i ] design club」とフェアトレードブランド「PeopleTree」をメインに、アクセサリーなどは小物作家の作品も扱っています。
5月には世界フェアトレードデイに合わせて、オーガニックコットンTシャツのリメイク作品販売の企画も開催予定です。

◆お店についてもう少し教えてください◆
作る人がいて、それを着る人がいる。
それはどこから来たものなのか?人と人をつなげる。
そんな事を「人が作るぬくもり」や「手作り」の服から伝われば、と思っています。

あとはフェアトレード製品をもっと当たり前のものとして、皆さんに知っていただきたい思っています。
「良い事をしている」と言うことを、ことさら強調するのではなく「素敵だな、と思って手にとって貰った製品がたまたまフェアトレードだった」と言う風になったら…と。
フェアトレード製品を扱っているのも、TO-YAはセレクトショップなので、いくつかあるブランドの中の一つとして「良い商品」だから扱っているというスタンスです。

_____________________________
移転オープン準備中のお忙しい中インタビューさせていただきましたが
ファッションと言う視点から見る「松本」もなかなか面白いと思いました。
松本スタイルってあるんですね。

【松本大好き!M100】では今後さまざまな「松本大好き!」な人たちへのインタビューを予定しております。
「M100」をキーワードに何かが始まります。今後の動きに乞うご期待!!

【市民記者:サヤカ】