M100サロン:カテゴリアーカイブ別表示

M100チケット 第3回ワークショップ

2010年4月5日 投稿者: yamamoto[ コメントはこちらから: »


「お客様に喜ばれるサービスづくり ~データで語ろうM100チケット」



3/27(土) 松本市大手公民館 2階 視聴覚室 19時半~21時半
「お客様に喜ばれるサービスづくり~データで語ろうM100チケット」ワークショップが25名参加で開かれました。
昨年実施したM100チケットの分析結果を元にしたワークショップです。

まず、会長から、M100プロジェクトの加盟店がちょうど100店になったことなどが報告されました。




続いて、今回新しく加盟した、中町の和楽器屋「まつ乃」の松野さんの知人で、三味線のプロを目指している福島さんが「津軽じょんがら節」を披露。津軽三味線の力強い演奏を聞けました。

横沢さん



その後、進行役の公益財団法人 日本生産性本部の富田さんの進行で、ワークショップ本番がスタート。
M100チケットの分析結果の説明の後、3~4人ずつのグループに別れ、グループ作業の
始まりです。
田多井さん倉澤さん


最初は、自己紹介ならぬ他己紹介。隣の人にいろいろな質問をして聞いた結果を、他の人に説明する、という面白いウォーミングアップでした。




                                         ↑講師・進行役富田氏
ワークショップ内容

1. ワークショップのねらい
(ア) メンバー同士で積極的に交流してもらう
(イ) データに基づいてサービスを考える体験を行ってもらう
(ウ) 次年度のM100チケットサービスに磨きをかけてもらう

2. 講師・進行役・タイムキープ
冨田 茂
略歴:公益財団法人 日本生産性本部 勤務 東京都出身 30歳
   03年 信州大学経済学部卒業・05年 東京工業大学大学院社会理工学研究科修了(修士 / 専門:過疎地
   域の人口動態および産業開発)・同年 財団法人 社会経済生産性本部 入職。海外企業視察研修の立案・
   運営、財団所有研修施設の営業・営業企画、産業界の生産性向上に関する研究会の企画・運営等に従事。

3. プログラム
(ア) 仕様
① 時間: 90分
② グループ: 3人1グループが基本(同業者にならないようにする)
③ 配布資料:M100各店舗データ、グループ作業フォーマット、アンケート

(イ) スケジュール・内容
経過時間 内容
00分  プログラムの趣旨説明・進行役自己紹介
03分  M100チケットの全体結果の紹介
10分  (グループ作業1)店舗・店主の他己紹介
  ・隣の人の店舗・店主について質問(9分程度:3分×3店舗)
  →【既存・新規店主】
    フォーマットを利用し、お店・店主の特徴やお客様層を聞きだす。
   →【一般の方】 お名前、松本の商店街のイメージ、好きな店等
 ・グループ内で各自他店舗・店主紹介(6分:2分×3店舗)
25分  データのご返却とデータの説明
30分  (グループ作業2)データを読み取ろう
  ・各店舗のデータを3枚ずつ班に配布し、メンバー共有。
    ※共有が難しいようならば、別の方法を考えます・・・。
 ・各自で各店舗データの特徴を5点ずつ考えてもらう(10分)
  →【一般・新規店主】全体データを読み解いていく
  → データが少ない場合はその理由を5点考える
 ・各自で気づいたデータの特徴を発表(15分:5分×3人)
 ○自転車での来店者が多い
 ○20~30代女性2名が多い
 ○市内と市外・県外者がやや同じ

55分  (グループ作業3)サービスアイディアを出そう
 ・グループ全員で1店舗につき3点ほどサービスのアイディア出し
  →アイディアにはデータに基づいた理由をなるべくつける
  →【新規店主】初期アイディアを出してもらう
  (21分:7分×3店舗)
 

76分  発表
 ・1班ずつ発表 (時間は班の数に応じて)
・班の発表する代表を1名選出
○6班6名が、発表
*ついでに来た人を取り込むサービスの実施
例)知新堂(陶器店)でどんぶりを買ったら、じゅけむ(うどん屋)でサービス
同じく珈琲カップを買ったら、アベ(喫茶店)でサービスなど
*地図の携帯の変形の提案
手帳型で、市街地の商店の密集地を拡大して表示など工夫していく。
*例)かつ玄さんの提案するサービス
はしをプレゼント(大滝村の間伐材を使用)
普段小鉢で大滝村のかぶの漬物をサービスしている。
*例)大名町たかぎさん
   店主からは、従来サービスされている「手まりの根付」や「松本城のハンカチ」などのサービスが提案された。同じグループからは、たかぎさんは、屋上にビアホールがあるので、ビアホールに行かない方でも、屋上で展望を楽しめるサービスなどあれば、嬉しいと提案
ふたつが、合わさり大滝村に行きたいと思う人を増やしていく。
*M100チケットの目的・・かっこいいデザインにする。
デザインの中に目的や理念を表現していく。

などなど

熱い意見・提案が発表されました。

85分  まとめとワークショップアンケートの記入
90分  終了
                        【記事:松尾/撮影:山本】

M100サロン OLD ROCK

2009年10月26日 投稿者: mochizuki[ コメントはこちらから: »

10月25日(日)の19時からM100サロンがOLD ROCKで開かれました。
「英語の勉強会」をテーマに、2名の外国人の方を交えた13名ほどでビールやワインを囲んで議論をおこないました。
具体的には、以下の2点についての議論が中心となりました。
・長野県松本市に来る外国人の観光客は何を求めて来るのだろうか
・接客時とっさの英会話マニュアルを作成するために、どのようなものが候補としてあるか

お酒を囲んでのサロン

お酒を囲んでのサロン


<1点目に関して>
松本市に来る外国人は、何度も日本を訪れたことのあるリピーターの方が多いと推測される。
したがって、旅行ではいかに日本風の体験(Deep Japan)が出来るかを重視するのではないか、ということが挙げられました。
日本風の体験で例となったものは「骨酒」「おみこし」「そば打ち体験」「表具店」…などなど。
日本人にとってみればごく当たり前のものもあるかもしれませんが、外国から訪れる観光客のみなさんにはどれも新鮮です。


外国人の方の貴重な意見も聞くことが出来ました

外国人の方の貴重な意見も聞くことが出来ました


<2点目に関して>
とっさの英会話マニュアルは各お店ごとで変わってくるので、これからも引き続き議論が必要であるということが分かりました。
ただ英会話以外にも、外国からの観光客のために出来ることがいくつも挙げられました。
「ローマ字でのメニューが書いてあるだけでも、そこから会話が始まる」
「お店の入り口に”English menu”と書いておくだけでも訪れやすい」
など、小さな工夫でも出来ることはいくつもありそうだということが分かりました。


外国から松本へ来られる観光客の方の対応などテーマとなりましたが、議論の中であったように「日本ならではの体験をしたい」ということは誰しも共通するのではないでしょうか。
また、観光地で印象に残る体験としてその土地に住んでいる人との生の交流が挙げられると思います。
私自身は英語が苦手で、今まであまり外国人と積極的にコミュニケーションをとろうと思ったことはありませんでした。
しかし、まず一言でも話しかけてみることで交流が始まり、松本での体験が印象深いものになるのではないかと思いました。
今回参加してくださったJimさんが“We can’t speak English, but try it”という精神が大切で、観光客にとってみればフレンドリーに感じるのではないか?と話してくださったことが、とても印象に残りました。

【市民記者 望月直樹】

M100 サロン 09年10月

2009年10月14日 投稿者: yamamoto[ コメントはこちらから: »

いよいよM100チケットがスタートしました。
それに向けて、4回にわたりお店や施設の方と説明会&サロンを開催しました。

10月4日

10月4日


第1回 10月4日19時~ 大手公民館 17名参加
ひとりづつ、店とサービス内容のプレゼンをして頂きました。
今回から参加のNPO法人松本CINEMAセレクトの宮崎さん
映画鑑賞が、M100チケットで前売り料金で見れつまり、400円引き。
お買い物の後は、夕方1杯飲んで、その後映画を観るのが(逆もあり)、
かつての大人の街の遊びのスタンダードでした。
どんどん街を楽しんでいただきたいです。

10月6日

10月6日


第2回 10月6日 15時~ 松本市美術館 21名参加
こちらも同じように、ひとりひとりのプレゼン
この回は、飲食店さんが多く30代の若い経営者や店長さんがたくさんいて、元気な会になりました。
1歩遅れて参加の「呉竹」さんは、フレッシュな若夫婦お二人で参加
みんな店は知っていても、このお方が・・という感じでとても新鮮でした。
10月8日

10月8日


第3回 10月8日 19時半~ 松本市民活動サポートセンター 7名参加
前2回に参加出来なかった皆さんにお集まり頂きました。
少人数で、話しもはずみ山から降りた人やキャンプしている人、いろんな人をターゲットにして「駅からすぐに銭湯が欲しい~」の声に駅なか銭湯があればいいの意見に盛り上がりました!
そうしたら、駅の滞在時間も増えてお腹すいたら食事もするし、ちょっと買い物したりして
駅前が賑やかになれば、街中にも人が流れるように思います。

第4回 10月9日 15時~ 松本市民活動サポートセンター 5名参加(個別対応)
時間のないなかで、走って来てくれた方、ありがとうございました。

10月10日~12日開催の信州・松本そば祭りでのM100チケット配布の様子です。

10日 配布

10日 そば祭り

そば祭り 12日

そば祭り 12日


バックスタイル

バックスタイル


   信州・松本そば祭りは、3日間お天気に恵まれて、大勢人の訪れました。
お揃いの黒のトレーナーを着た新まつもと物語スタッフ、M100スタッフで配り続けたM100チケットは、全部で6900枚
これが、芽が出ていい花を咲かせてくれることを祈りながら、秋の松本を大勢の方に楽しんでいただければと思います。

               【市民記者 山本】

第2回M100サロン 穂高酒店

2009年9月17日 投稿者: yamamoto[ コメントはこちらから: »

M100サロンの第2回目が9月14日に「穂高酒店」で開かれました。

ミーティング風景

ミーティング風景

今回の主な議題は、これから始まる「M100チケット」の扱い方について
活発な意見が・・・なかなか出ませんでした。なぜならば

主役は女鳥羽の泉

主役は女鳥羽の泉

今回の主役は、松本市街地で唯一残る蔵元さんの酒屋さんで飲む「女鳥羽の泉」
酒も旨し、店のまえでに(方言)湧く水も旨し
地元の酒を味わい、美味しさを伝えるのも大切な役目です!

店主の奥様 穂高早智子さんのつく美味しい漬け物は、M100サービスでも提供されます。

いい夜

いい夜

松本の街は、いろんな顔があります。まだまだ素敵な空間がたくさんありそうです。
M100サロン続きます。。。
                           【市民記者 山本】

第1回M100サロン 紫陽花

2009年9月2日 投稿者: mochizuki[ コメントはこちらから: »

M100サロン

M100MAPを見る参加者の方々



M100サロンの第1回目が9月1日に「紫陽花」で開かれました。
M100サロンの会場はM100加盟店のお店を中心に定期的におこなっていく予定で、第1回目はコーヒーを囲んでのサロンとなりました。
加盟店の方やボランティアスタッフの方など約20名ほどが参加し、M100プロジェクトの進行について意見交換がなされました。
M100チケット製作についての話し合いの時は、各店舗の店主の方がこれまで関わってきた事業から生かせる点などが出され、より具体的な形が見えてきました。
また、先日完成したM100MAPが各店主の方に配られました。
M100マスコットキャラクターのデザインについて「かわいい」などの声が聞かれました。

【市民記者 望月直樹】