いただきます、ごちそうさま松本

まつもと美味いそば 「そば処 吉邦」

吉邦外観 吉邦ざるそば
店名 そば処 吉邦
ソバドコロ キッポウ
住所 松本市丸の内7-40
電話番号 0263-36-2700
URL http://www.kippou.org/
営業時間 11時〜15時00分
(ラストオーダー14時30分)17:00~22:30(LO22:00)
定休日 月曜日
席数 テーブル14席 カウンター席8席
基本的なそば もりそば 600円から(中・大・特もりもあります。)
そばの太さ 細め
そばの色 普通
お薦めメニュー 冬季お薦め 土なべそば 1450円 
冬季お薦め あんかけそば 900円 
店主のひと言 おいしいおそばを手頃な価格で提供するように心がけています。
駐車場 なし
交通手段 松本城より徒歩1,2分
車椅子 対応できます。
市民記者の感想など
吉邦店内「おいしいおそばを手頃な価格で提供し、おいしいと思ったお客さんに又来て頂く、それだけです。』ときっぱり。この一言にご主人の自信の程が伺えます。そばのコシもつゆの甘さ加減もちょうど良く、頷ける味です。一緒に行った連れは、そばの角がきちんとしている丁寧な仕事ぶりに感激していました。オリジナルの『そば薄焼き』や『そばサラダ』もあります。松本城からのお帰りの際にはお寄りください。
【市民記者 塩原】
▼土なべそば   ▼あんかけそば
鴨なべ蕎麦 あんかけそば冬季お薦めメニューです。

そば店一覧へ戻る

※このお店への感想、好きな点など、あなたの”くちコミ”情報をコメントしてください。
(ただし、誹謗・中傷などのコメントは予告なく削除させていただきます)


まつもと美味いそば 「そば処 吉邦」” への7件のコメント

  1.   吉原家さんより

    食べたい!松本行きたいです。いろんなうまいものがたくさんあっていいところですよね〜。食欲と紅葉の秋、ぜひ松本に遊びにいかせていただきます。これからもすてきな松本を紹介してくださいね。応援してます。がんばれ〜

  2.   宮本武蔵さんより

    12月7日にお邪魔させていただきました。店の雰囲気もご主人の愛想も良く何よりも蕎麦がとても美味しかったです。私は大盛り、連れは土鍋蕎麦、久しぶりに美味しい蕎麦に出会えました。ご主人が良いそば粉が手に入らなくなったら止めると言っていましたが凄い拘りだと思い早々に知人に話をしたら蕎麦好きの知人は正月明けに松本行きを計画しているらしい。このコメントを書いているだけで又たべたくなりました。必ず又行きたいと思っています。年越し蕎麦をお願いしようと思いましたが宅配はNGらしいので残念。人々を幸せな気持ちにしてくれる商売なのでこれからも頑張って下さい。

  3.   トリカラさんより

    お店の雰囲気が大好きです。 奥様の人柄がにじみでた、落ち着いた風情ある店内です。  もちろん、お料理にも魅了されます!  肩肘はらない身近な食材を使ったメニューでも、とても美味しくて、ご主人の心が伝わってきます。 我が家でも、すぐに作りたがる私。  すでに“塩いかの天ぷら”と“蕎麦おやき?”は定番になりました。

  4.   ニャンタさんより

    静岡から松本城を見に行き、城近くのホテルに宿泊。その近くにあった吉邦さんで夕食をいただきました。雨降りの中、観光で来た私たちを気遣ってくれた上、子供にチーズケーキをサービスしてくれました。蕎麦は美味しかった上、安いと思いました。子供は小学1年ですが、「お蕎麦が光ってるよ」とのコメント。
    お蕎麦だけではなく、御つまみも豊富でそば焼酎の蕎麦湯割と共に美味しくいただけました。
    個人的にはほぼ満点のお店でした。

  5.   三重の泗商さんさんより

    4/18
    松本城見学後武村洋治さんとの出会いがありました。
    一泊二日の桜鑑賞の旅でしたが、武村さんとの話がもりあがり
    お昼のゴハンすることになり その時に 吉邦を紹介いただきました。
    店に入る前 ここで だいじょうぶかな?と思いましたが、いやいや
    素晴らしい盛りオソバがいただけました。
    うまいものは 路地裏へ の言葉を確信しました、
    出会いとは素晴らしいものであり 楽しいものです
    これから先会うこともないと思いますが お互いに人生を楽しみましょう 武村さんいいお蕎麦屋さんをアリガトウ。

  6.   武村洋治さんより

    三重の泗商さん コメントありがとうございます。
    泗商さんの印象は 橋爪功風の紳士. 奥さまは誰かに例えたら旦那に叱られそうな佳人。
    何となく声を掛けたくなる雰囲気、学びたいと思います。
    一期一会とはこんなのを言うんでしょうか!
    またイイ旅してください。長生きしましょう!

  7. ピンバック: そば・居酒屋 やしろ – いただきます、ごちそうさま松本 - 松本市公式観光情報ポータルサイト 「新まつもと物語」

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。