いただきます、ごちそうさま松本

まつもと美味いそば 「ほそばら」 四賀地区

ほそばら外観 ほそばら そば
店名 ほそばら
ホソバラ
住所 松本市会田3361
電話番号 0263-64-2317
URL http://homepage2.nifty.com/hosobara/
営業時間 完全予約制 不定営業
定休日 不定休
席数 畳席のみ 座敷1〜50席
基本的なそば ざるそば大盛り 1,000円 
そばの太さ 普通
そばの色 普通
お薦めメニュー ざるそば大盛り 1,000円 
基本的に、メニューとなっているのは「ざるそば大盛り」だけです。ご希望と予算で、どの様なご要望にもお答えします。秋は、松茸もおだし出来ますが、今年はちょっと・・・。
店主のひと言 田舎の中の、さらに山の中。「こんなところにお店が?」と思われるかもしれません。でも、おいでいただいた方には、そばと共に、四賀の四季を感じていただいています。好きで打っているそばですので、素人っぽいと言われることもあります。それが魅力で何度も遠くから足を運んでいただいているお客様もいらっしゃいます。ちょっとわかりにくい道のりですが、よろしければ、四賀の風景を楽しみついでにお寄りください。
駐車場 10台
交通手段 マイカーがお薦め もしくは、タクシーで
車椅子 介添え必要
市民記者の感想など
ほそばら 外観絵 田口勝さんほそばら 客間
 四賀地区でも、ちょっと山奥に入ったところにあります。由緒正しい旧家をちょっと改造してお蕎麦屋さんをやっておられます。客間には、素晴らしい「鏝絵」(左官が技術のすべてを注いで作った壁土で描いた浮き絵)があり、私も、今回の取材ではじめて拝見しました。
 完全予約制ですので、基本的にはリピーターの方が主ですが、不思議な事に、ネットで知って東京からいらっしゃるお客様もいるそうです。こんな田舎にどうやって来るのかと思ったら、JR明科駅からタクシーで来られるとか。他にも、一度来られた方がメーリングリストで情報を流したら、「なんで俺を連れて行かなかったのか!」と怒って、次回はその方も一緒に来られたとか。田舎の小さな蕎麦屋さんと、インターネット社会。ちょっと不思議な組み合わせですが、なんとなく納得してしまいます。その理由は、「女将さん」というより、「おばちゃん」ですかね。
 そばの味と、おばちゃんとの何気ない世間話。私も、取材しながら、元気をいただいてきました。

          【市民記者 ittoku】

【追記 2008年10月7日 市民記者・西森】

そば店一覧へ戻る

※このお店への感想、好きな点など、あなたの”くちコミ”情報をコメントしてください。
(ただし、誹謗・中傷などのコメントは予告なく削除させていただきます)


まつもと美味いそば 「ほそばら」 四賀地区” への2件のコメント

  1.   鈴木智成さんより

    先日家族4人でお蕎麦を食べに行きました!とっても気さくな、おかみさんにお会い出来ました・・隠れ家的古民家で蕎麦も美味しいかったですが、おかみさんの楽しい会話が弾み楽しかったです。また行きたいお店です。(内緒にしたいお店)

  2.   栃木の見目さんより

    2014年12月28日家族3人で蕎麦を頂きました!とっても気さくな女将さんで話が弾み楽しい時間を過ごさせて頂き有難う御座いました。機会を見つけてまた伺いますので宜しく。
     (隠れ蕎麦店としたいね)

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。