佐倉宗吾郎を祀る神社 「佐倉神社」

 今年の信州まつもと大歌舞伎の演目は「佐倉義民傳」。飯田にその佐倉宗吾郎を祀った神社があると聞いて行って来ました。
飯田市北方の笠松山登山口にある佐倉神社は正面に南アルプス、眼下に飯田市を見渡すとても眺めの良いところにあります。

江戸後期、下総国堀田候の重税で苦しむ農民を自らの身を捨てて救った、印旛郡岩橋村名主木内宗吾郎を祀る宗吾霊堂の神霊を勧請した神社で、昭和7年の創建です。

この時代は世界恐慌の影響などで日本全国が不況の真っ只中にあり、農村の財政状況も困難な状態となり、偉人佐倉宗吾郎霊神の信仰により 社会経済を安定させようとする住民の祈願により佐倉神社ができました。

境内には鳥居、その奥の石段を上ると拝殿があります。さらに奥にある社殿の屋根の鬼瓦には、「宗」の文字が入っており、ご神体が大切に祀られているのがわかります。地元の人たちからは、「佐倉様」と呼ばれ親しまれています。

境内を下りてきた広場には、地元の住民らの手で植えられた数百本の桜が見事に育ち、桜の名所としても親しまれています。この日も多くのお花見の人が来ていました。

 
また ここへ来たら五平餅食べないとというお花見に来ていた人たちの言葉を聞いて食べてみましたがとてもおいしかったです。

【市民記者 西森】


佐倉宗吾郎を祀る神社 「佐倉神社」” への3件のコメント

  1.   ケッツアールさんより

    佐倉神社に興味があるのですが、どのように行けば良いのでしょうか?
    アクセス方法を教えていただけますと幸いかと思います。

    佐倉義民傳とても楽しみにしております。

  2.   西森さんより

    ケッツアールさま
    ありがとうございます。佐倉義民傳楽しみですね。

    さて、佐倉神社ですが 飯田インターから車で5分ほどの高台にあります。
    飯田市北方3483にある 見晴という店から 少し登ったところにあります。
    笠松山の登山口です。行かれたら是非五平餅も・・!!

    信州まつもと大歌舞伎中は 松本市美術館や博物館、まつもと市民芸術館でも
    関連の企画も計画しています。
    松本にも貞享騒動がありましたし、それを紹介するのもいい機会だと思います。
    どうぞ、お楽しみに。

  3.   はーじさんより

    こんばんは。

    実家が飯田市にあり、小学生の頃はよく『さくらさま』で遊んでいました。

    そして、この記事を読んで、『さくらさま』が『佐倉さま』だったということを、初めて知りました!!

    周りが桜の名所だけに、てっきり『桜さま』かと…勉強になります。

    幼い頃から親しんできた神社に関わりがあると知り、「佐倉義民傳」を観るのが一層楽しみになりました。

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。