Flying Theatre 空中劇場『遥かなるブルレスケ』公開稽古②

信濃毎日新聞社新松本本社建設地にて公演が行われるFlyingTheatre空中劇場『遥かなるブルレスケ~とんだ茶番劇~』
閉鎖された劇場空間から出て、街なかに飛び出して仮設劇場での上演です。
信濃毎日新聞社新松本本社建設地(松本市中央2-20-2)
2016.8.31(水)~9.4(日)17:30開演
〈あらすじ〉
とある町の広場にやってきた、ならず者のレアンドロとクリスピン。宿代もないからっけつなのだが、クリスピンはレアンドロを高貴な殿様と身分を偽り、口八丁で周りの者を煙に巻く。宿屋の主人、詩人アレルキン、大尉、身分は高いが金に困っているマダム・シレーナ、その姪のコロンビーナにも恩を売って、すっかり皆を信じ込ませるのに成功した二人。しかし、町一番の大金持ちポリチネーラの娘で純粋なシルビアと恋に落ちたレアンドロは、嘘をつき続けることに良心の呵責を感じ始める。そんなとき、クリスピンらに借金を踏み倒されたパンタロンが法律博士を連れて乗り込んでくる・・・・・。
DSC_8055
DSC_8060
DSC_8070
DSC_8076
DSC_8084
今回の公開シーンは、マダム・シレーナが自身で開くパーティーにやってくるポリチレーナと娘のシルビアに、結婚を望む男性を紹介し、間を取った自分にお金が入ってくるように画策する。それを知ったクリスピンは相棒のレアンドロにシルビアを近づけて、ポリネチーラの財産を奪おうと企むだけでなく、ポリチネーラの隠された過去をネタにさらに脅しをかける。という場面。
もうこれは続きを見ないではいられませんよ。
その日その場所でしか味わえない街のざわめきの中の舞台セットに来てみませんか?

今年は会場内に小さな屋台村『空中メルカード』が登場!
市内の人気飲食店によるスペイン料理、スペインワイン、クレープなどの販売があります。
出店:・Matsumoto M’t BARU
   ・TASTY VILLAGE -SALT inn-
   ・monkava
お楽しみに!!

【市民記者 西森】


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。