市民記者ブログ

松本ビューポイント その1

国宝松本城

城
国宝松本城です。ビューポイントとしてのお勧めは、お城の西側、埋橋方面です。夜のライトアップされた松本城からは昼間とはまた違った幻想的な雰囲気を感じることができますよ。


旧開智学校

旧開智学校
旧開智学校は日本を代表する擬洋風建築で、国の重要文化財に指定されています。教育博物館として江戸から現在までの各種教育資料が展示されています。
「学都・松本」を象徴する史跡の一つといえるでしょう。


旧制松本高等学校

旧制松本高等学校
旧制松本高等学校(あがたの森文化会館)はあがたの森公園の一角にあり、現在も公民館として利用・保存されいている校舎は「県宝」に指定されています。
過去の卒業生には、臼井吉見、唐木順三、辻邦生、北杜夫らがおり、数多くの文学者を輩出しました。公園中に広がる四季と校舎との調和は魅力的です。写真は中庭を撮影したものです。


さまざまな表情を見せる北アルプス

akegatass.jpg
城山公園展望台から 明け方の北アルプス
alpsss.jpg
松本市中山小学校から
alps1ss.jpg
美ヶ原高原から
松本駅自由通路
松本駅自由通路から

松本市は、市内のあらゆるポイントから季節ごとに様々な表情をみせる「北アルプス」を望むことができます。城山公園や美ヶ原高原など東山からの眺望はとても美しく、感動を与えてくれます。また、松本の玄関口である松本駅舎内からも、雄大な北アルプスを望むことができます。


360度パノラマ 美ヶ原

360度パノラマ美ヶ原高原
写真は美ヶ原高原王ヶ頭(標高2034メートル)から撮影のものです。王ヶ頭は西に北アルプス、東に浅間山・奥秩父・八ヶ岳・富士山、南に南アルプス・中央アルプス、西に妙高・戸隠を望む360度の眺望が魅力です。


雄大な自然が残る上高地

雄大な自然が残る上高地
大正池手前から
徳本峠 峠の小屋
徳本峠 峠の小屋より

春から秋にかけて上高地を訪れる人は多いと思いますが、冬の上高地の風景はあまり知られていません。
冬の上高地、大正池に映る奥穂高岳を初めとした山々と周囲の雪の白さとのコントラストには圧巻されます。
また、上高地大正池から少し上がれば徳本峠からの眺めのようにまた違った山々を楽しむことができます。

▼冬の上高地へのアクセス方法はこちらをご覧ください。
http://youkoso.city.matsumoto.nagano.jp/sangaku/?p=620

注:冬、上高地へ入るには、バスなどの公共交通がなく徒歩のみとなります。積雪や雪崩れなどには十分注意し、冬山登山に準じた装備・経験が必要になりますので、不慣れな方の入山はお勧めできません。


梓川 稲荷神社付近の梓川沿いから美ヶ原高原を望む

梓川稲荷神社付近の梓川から美ヶ原高原を望む
梓川沿いからは四季を通じて東山の景色を望むことができます。春には美ヶ原の残雪と梓川沿いの桜並木、秋には東山の紅葉とケショウヤナギの彩が美しい梓川沿いです。


四賀 善光寺街道宿場町の名残残る会田宿と春の訪れを告げる福寿草

会田宿
会田宿
四賀福寿草
あぜ道に咲く福寿草

松本から善光寺へと続く善光寺街道の宿場町である会田宿は、ひっそりと、昔の宿場町としての面影を今に伝えています。
雪が解けるころには、あぜ道に福寿草が咲き春の訪れを告げます。