市民記者ブログ

堀米(松本市島立)の裸祭り

「裸祭り」堀米(ほりごめ)(松本市島立地区)の氏神である津島神社(つしまじんじゃ)のお祭りです。
かわいい褌姿小学生の男子がもっこふんどし姿で幟旗(のぼりばた)を担ぎながら地区内を練り歩きます。昭和63年に長野県無形民俗文化財に指定されました。津島神社は、江戸時代中期に尾張一宮の津島神社から勧請(かんじょう)された神社で、古代インドの守護神「牛頭天王(ごずてんのう)」(疫病除けの神)をまつっています。ふんどし姿になるのは、悪霊を威嚇(いかく)するためだそうです。

☆宵祭り(6月30日)18時より

5.6年生が代表で津島神社に参拝します。「二礼・二拍手・一礼」やお社の周りを回る参拝の仕方や掛け声の練習をします。
世話役が太鼓のリズムを教えていました。6年生が来年のリーダーとなる5年生にお手本を見せていました。伝統が受け継がれていく場面です。低学年が持つ五色の紙幟は、5・6年生が「奉献津島牛頭天王」と書いてあげるそうです。その他、名前や干支も書いてありました。

☆本祭り(7月1日)16時より



疫病退散・五穀豊穣・厄除けを祈った後、お社を三周し地区内を幟旗を持って巡ります。大幟を持つ親玉(5,6年生)が「オンヤーサー」と掛け声を掛け、中幟を持つ中玉(3,4年生)、五色の紙幟を持つ小玉(1,2年生)が「モンヤーサー」と続きます。


地区内を二手に分かれて練り歩いてきた幟旗は、もう一度立てられます。

地区内を回ってきたことを「牛頭天王」に報告した子供たちはお社の傍らにある池(せぎ)に飛び込み禊(みそぎ)をします。

子供たちにお祭りについて聞いてみました。返ってきた答えは
「寒いよ。足が疲れる。幟旗が重い。」
「泥んこになるのが楽しい。」
とても子供らしい感想でした。しかし、一生懸命子供たちを指導している世話役さん(昔、少年だった)も子供の頃は恥ずかしかったそうです。この子達もきっと次代へ受け継いでくれることでしょう。

写真撮影をしている人がたくさんいらっしゃいました。その中に静岡・埼玉・群馬と出身地がバラバラという3人にお話を伺いました。10年位撮影に来ているうちに顔見知りになったそうです。「時代の流れとともに、夜店が並ぶだけのお祭りが多くなっていく中で、昔ながらのスタイルを守りながら伝統を受け継いでいるところが素晴らしい」とおっしゃっていました。

《取材を終えて》
近くに住んでいるのに初めて見(?)ました。県内外からの人が多いことにびっくり。松本市民にも是非見てもらいたいと思いました。このまま残してもらいたいお祭りです。子供たちがとても可愛らしかったです。
          (市民記者 野尻・横山・塩原)

<ジョーの小耳>
・尾張一宮の本社・津島神社では、20代の若者のお祭りだそうだ。
・本祭りの日程が7月1日固定ではなくなるかも。検討中。
・今年の参加人員は、88名。(女子・36名)

島津神社の場所はこちら


堀米(松本市島立)の裸祭り” への6件のコメント

  1.   浅野正行さんより

    島立堀米町会の役員です
    ジョーの小耳の項に有りました日程についてですが、2008年度より7月第一日曜日に変更になりました。2008年は7月6日、2009年は7月5日、2010年は7月4日となります。
    2007年度の参加児童は、男子52名、女子55名です。
    市民タイムスに掲載されます。
    2005年より「裸まつり実行委員会」により実施されています。

  2.   shioharaさんより

    お知らせ有難うございます。
    今年は本祭りが7月1日(日曜日)ですね。
    参加する子供達の人数も多く、にぎやかなことと思います。
    お天気が良く、無事に神事が行われますように願っております。

  3.   浅野正行さんより

    大変遅くなりましたが今年も盛大に行うことが出来ました、おかげさまで天候にも恵まれ けが人も無く無事出来ました有り難う御座いました。
    毎年6年生の男女に愛知県の津島神社のお守りを頂いています、愛知大学名古屋校舎水泳部監督の木場さん有り難う御座いました。
    写真には無いんですが、慰労会が行われます、子供には しちゅう お菓子が出されます。
    追記
    7月29日松本市民芸術館において、松本市制100周年記念、「日本のまつり 2007 in 松本」地域伝統芸能公演として、島立堀米裸まつりの公演が有ります、見てください。(NHK
    の放送があるかも)

  4.   H・bonkuraさんより

    今年は7月6日に行うようです。
    見に行きましょう。

  5.   はるぼんさんより

    今年は天候が気になるところですが、、2年ぶりに出かけたいと思っています
    カメラマンのマナーが話題になっているようですが、撮影する側から見ても
    年々写真協会所属のカメラマンが少なくなっています
    フレーミングしているカメラマンの前に覆い被って撮影を妨げたり、
    写真撮ってる人の前を平気で素通りしたり、カメラマン同士の間でもマナーは悪い祭りとして、評判になっているのが残念ですが、、
    撮影に関しても昔からの伝統ある祭りなので出来るだけフレーミングに人工の建造物を
    入れないようにしているのですが、、難しいですよね、、、

    神社境内は本来神聖な場所なので、禊場所や祠周辺はカメラマン立ち入り禁止にすべきなのでは、、、
    御柱でも注連縄の中には入れないし、、、

  6.   さんより

    20代中心の祭に参加したいです。他県の人でも参加できますか

コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。