市民記者ブログ

松本で買える日本手ぬぐい ~松本市時計博物館~

松本市時計博物館に3種類の手ぬぐいがありました。
そのうちの1種類はココでしか買えません。

koc20180223to (3)
まず、オリジナルの手ぬぐいから紹介します。
柱時計、ふくろう時計、砂時計、懐中時計が並んでいます。
白色の他に、味わい深い草木染め5色がありました。
koc20180223to (6)

~~~手ぬぐいの説明プレートによると(一部掲載)~~~
時計博物館ならではの素材をモチーフにオリジナル手拭いを製作しました。
本品は、熟練した染職人が「注染」という技法で染め上げた手染めの製品です。機械織で刷り上げたプリントものと違い、表・裏ともに同じように染まり色、輪郭などに微妙な「ゆれ」「にじみ」が出て、それが日本手拭いの豊かな味わいをかもしだしています。
さらに、布地にもこだわり、丈夫で長持ちする厚手の生地を使用しています。
~~~~~~~~~~~~~~~

koc20180223to (4)
地元デザイナーの長谷川幸代さんがデザインした「工芸の五月」の手ぬぐいもあります。
松本市島内の白木染工場で制作されたと書かれていました。 Made in Matsumoto ですね。
注染です。今、在庫がある分だけの販売です。

koc20180223to (5)
コミックエッセイ「山登りはじめました」の作者、鈴木ともこさんがデザインした手ぬぐいも。
「松本だるま」が描かれています。
こちらも注染です。在庫がある分だけの販売です。


今、時計博物館の3階では速報展「発掘された松本2017」が行われています。
妙に面白く感じる物がありました。

koc20180223to (2)
「味の素のビン」
ココに注目!!の解説には、
『昭和26年(1951)に登場した味の素卓上型瓶第1号スタイルのものです。』
昭和26年ごろのものが発掘品になるのですね。

koc20180223to (1)
「碗」
ココに注目!!の解説には、
『昭和15年(1940)に開催が予定されながら中止になった「幻の東京オリンピック」を記念した茶碗と見られます。』
茶碗をよく見ると、左から「オ」「リ」の字がわかります。

「発掘された松本2017」は、3月4日まで行われます。
2月25日には、報告会がMウイング6階ホールで行われます。
詳しくは、「発掘された松本2017」をご覧ください。
イベントレポートは、当サイト内「移動博物館「発掘された松本2017」開催中!25日は報告会開催します。」をご覧ください。


松本まるご博物館 松本市時計博物館  ホームページ

【市民記者 小林】


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。