市民記者ブログ

小雪が舞う師走の街 ナワテ通り「お正月飾り市」

小雪が舞う寒い師走の松本
女鳥羽川沿いにある「ナワテ通り」で毎年恒例のお正月飾りを販売する市が並んでいました。

店主

店主


12月25日から始まった市
今日12月27日は、寒すぎるせいか人通りもまばらの中、寒さにも負けず素敵な笑顔でお客さんを迎えています。

師走の縄手

師走の縄手

露天

露天

門松

門松

最近では、門松を備えるお家も珍しくなってきています。

縁起物

縁起物

華やかな縁起物がずらりと並んでいます。

御神酒の口

御神酒の口

四柱神社角にある「矢澤商店」さんの軒先では、松本地方の伝統工芸品「御神酒の口」が販売されています。
とても美しい竹細工です。

この時期になるとひとつひとつ竹を編んで作られますので、こちらはほぼ予約生産販売ですが
25日から30日まで直接行かれても買うことは出来るかもしれません。

*御神酒の口に関する詳細は、こちらをご覧ください。(NHK長野放送局HP)

寒い日

寒い日

12月30日まで市は張られています。
時間は、朝9時過ぎ頃から17時頃まで(店により異なります)

天津甘栗

天津甘栗

もうひとつの師走の顔は、ナワテ通り「越中屋」さんの天津甘栗!

大名町

大名町

もういくつ寝るとお正月♫です。

      【市民記者 やまもと】


コメントをどうぞ

必須

必須※松本を盛り上げていくために、愛情をもって投稿してください。
※投稿いただいたコメントは、事務局でチェック後、掲載させていただきます。掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承ください。